言葉の違い

「目処」「目途」の違いは?使い分けを例文で解説!英語では意味が違う?公用文、時間ではどの「めど」を使う?

目処 目途 違い 使い分け
  •  「完成までのめどが立った」
  •  「復旧までのめどがつかず困った」

このような表現は、ビジネスシーンではよく使われていますよね。

このような時「めど」には

  • 「目処」
  • 「目途」

と、二つの表記があり、どちらを使うか迷いがちです。

使い分けを覚えておけば、いざという時役立ちますね。

そこで今回は、「目処」「目途」の違いについて、わかりやすく解説していきます。

意味や使い方などよく理解して、上手に使い分けて下さい。

ちなみに今回の「目処」「目途」のように、同じ読み方で使い方の紛らわしい言葉は、ほかにもたくさんあります。

こちらの記事で特集していますので、使い分けができるかどうか、ぜひ挑戦してみてくださいね。

知識を深めよう!

「目処」の意味は?英語では何ていう?言い換えは?使い方を例文で解説

「目処」には

  • 目指すところ
  • 目当て
  • ものごとの見通し

という意味があります。

使い方の例としては、

目処の例文

  • 「人身事故のため運転再開の目処が立っていません」
  • 「パーティーに誰を呼ぶか、おおよその目処がついています」

例文のように、ものごとに対する「見当」や「見通し」を表すような使い方をします。

言い換える場合は、

  • 「見込み」→「運転再開の(見込み)が立っていません」
  • 「見当」→「おおよその(見当)がついています」

などになります。

英語にする場合も、

「予想」「展望」といった意味の

  • 「prospect」

「前途」「見通し」といった意味の

  • 「outlook」

などで表現できます。

「目途」の意味は?英語では何ていう?言い換えは?使い方を例文で解説

辞書で「目途」は、「目処」と一緒に「めど」という項目に載っていて、意味も同じになっています。

ただし、本来は「もくと」と読み、意味も

  • 目当て
  • 目標
  • 目的

といったものになります。

使い方の例としては

目途の例文

  • 「来年の完成を目途に工事を進めています」
  • 「この提案書には具体的な目途が提示されていません」

などのように、ものごとに対しての「到達点」や「目標」を表すような使い方をします。

ですので、言い換える場合も

  • 「目標」→「完成を(目標)に工事を進めています」
  • 「目的」→「具体的な(目的)が提示されていません」

などになります。

英語では

「目標」や「目的」を意味する

  • 「objectev」

「ねらう」や「めざす」といった意味の

  • 「aim」

などで表現できます。

「目処」「目途」の違いと使い分け方は?

「目処」「目途」の違いを分かりやすくまとめてみましょう。

目処と目途の違いまとめ

  • 「目処」は主に「見通し」の意味で使われる
  • 「目途」は主に「目標」の意味で使われる

「目」という字は、「要点」という意味があり、「目処」や「目途」の「目」は

  • 目印とするもの
  • 目指すべき場所

などを意味しています。

次に、「処」という字は、「場所」という意味を持ちます。

一方、「途」という字は

  • 「道筋」
  • 「手段」
  • 「方法」

といった意味を持ちます。

ですので、「目処」は、要点の場所という意味になります。

つまり、「目処」を詳しく言うと、

「目的とする場所の見当がついただけで、道筋については曖昧な状態」

という事になります。

一方、「目途」は、要点に向けての道筋や手段という意味になります。

つまり、「目途」を詳しく言うと、

目標に向けての道筋や手段がはっきりしている状態

という事になります。

どちらを使うか迷うときは、次のように使い分けましょう。

目処と目途の使い分け

  • 目標も、そこまでの道筋もはっきりしているとき → 「目途」
  • 目標は分かっているが、道筋は曖昧なとき → 「目処」

と、このように覚えるといいかもしれません。

「目処」「目途」が「つく」「立つ」どっちが正しい?

「めどがつく」も「めどがたつ」も、目標までの見通しがつくといった様な意味になります。

「目処」「目途」どちらも使えますが、

  • 目標までの道筋が曖昧なときは 「目処」
  • 目標も、そこまでの道筋も曖昧はっきりしているときは 「目途」

になります。

「つく」も「立つ」もどちらも正しいです。

あえて使い分けるなら、

  • 見通しが明確になる→目処が立つ
  • 見通しがまとまる→目処がつく

こう覚えておきましょう。

さいごに

以上、「目処」「目途」の違いについて解説してきました。

どちらも、目指すべきところという意味を持ちますが、それぞれ

  • 「目処」 → 柔らかい表現
  • 「目途」 → 畏まった表現

というニュアンスの違いがありました。

伝えたい意図によって、正しく使い分け、円滑なコミュニケーションを取ってくださいね。

-言葉の違い