言葉の違い

「覆う」「被う」の違いは?英語は違うの?「蔽う」「蓋う」「掩う」も同じ意味?「かぶせる」「包む」との使い分けは?

覆う 被う 蔽う 蓋う 掩う 違い

「おおう」という言葉には、

  • 「覆う」
  • 「被う」

などの他にも多くの漢字があり、どれも同じ意味を表します。

ただ、それぞれニュアンスが違いますので、覚えておくと鼻が高いですよ。

そこで今回は、「おおう」の漢字の違いや使い分け方をわかりやすく解説していきます。

ちなみに今回の「覆う」「被う」のように、同じ読み方で使い方の紛らわしい言葉は、ほかにもたくさんあります。

こちらの記事で特集していますので、使い分けができるかどうか、ぜひ挑戦してみてくださいね。

知識を深めよう!

「覆う」の意味は?英語では何ていう?言い換えは?使い方を例文で解説

「覆う」には幾つか意味があります。

1.

  • 「落ち葉に覆われた道」
  • 「昨日の大雪で街が雪に覆われてしまった」

などのように、

あるものが一面に広がって下のものを隠す

という意味。

2.

  • 「ベールで顔を覆う」
  • 「あまりの惨状に目を覆ってしまった」

などのように、

あるものを他のものの上に広げ、外部からさえぎられた状態にする

という意味。

3.

  • 「日が落ちてあたりは闇に覆われた」
  • 「会場内が熱気で覆われています」

などのように、

隅々まで行き渡り一杯に満たす

という意味。

4.

  • 「新しい企画は、関係者以外には秘密のベールで覆われています」

のように、

客観的事実を包んでわからなくする

といった、いろいろな意味を持っています。

ニュアンスとしては、「覆面」という言葉もあるように

  • 何かを広げ内部のものを隠す
  • あるものが広がって視覚的に見えなくする

といった感じになります。

「覆う」を言い換える場合は

「包み込む」

になります。

英語では、

  • 「広げる」や「伸ばす」といった意味の
    • 「spread」
    • spread a cloth on the table(テーブルをクロスで覆う)
  • 「一面を覆う」といった意味の
    • 「blanketed」
    • be blanketed with snow(一面雪に覆われる)

のように表現します。

「被う」の意味は?英語では何ていう?言い換えは?使い方を例文で解説

「被う」は「覆う」の

同音同意の異字

になるので、意味は「覆う」と同じです。

ただし、「被」は「被せる(かぶせる)」という意味合いもあるので、

  • 「寒い地域の動物たちは長い体毛で被われている」

のように「何かの上にかぶせて隠す、守る」といったニュアンスになります。

英語にする場合も、

  • 「かぶせる」といった意味合いの
    • 「cove」
    • She covered the mouthpiece of the phone with her hand(彼女は電話の送話口を手でおおった)

このように表現します。

「被う」を言い換える場合は

「包み隠す」

になります。

「覆う」と「被う」の違いと使い分け方は?

「覆う」と「被う」は

意味の違いがない同音同義語

とされています。

ただし、ニュアンスとして

「覆う」と「被う」の違い

  • 「覆う」:「そのものが広がって(広げて)下のものを隠す(見えなくする)」
  • 「被う」:「あるものを他のものにかぶせて隠す」

と、このような違いがあります。

ですので、

  • 「昨日の吹雪であたり一面雪におおわれた」

のような場合は、

 一面に広がった雪で地面が見えなくなった

というニュアンスなので「覆う」を使います。

また、

  • 「入り口が分からないように草でおおった」

のような場合は、

入り口を隠すために草をかぶせた

というニュアンスなので「被う」を使います。

「蔽う」「蓋う」「掩う」との違いと使い分けは?

  • 「蔽う」
  • 「蓋う」
  • 「掩う」

どれも「おおう」と読み、「覆う」と同義語になるので、意味は同じになります。

「蔽」という文字は

並び生えた草や敗れた衣服を表す象形文字

からなっている所から、

「あるものがボロボロになる、草でおおわれる」

といった意味を表します。

そこから

間に入ってさえぎり隠す

というニュアンスで使います。

「蓋」という文字は「フタ」とも読むところから

ふたをするように、おおいかぶさる

というニュアンスで使います。

「掩」という文字は

手を表す象形文字と、雷を表す象形文字

からなっている所から

頭上の雷から自分を手でおおって隠している

といった意味を表しています。

そこから

手で隠す

というニュアンスで使います。

「覆う」と「かぶせる」「包む」との違いと使い分けは?

「覆う」「被う」には

カバーする、見えなくする

というニュアンスがあります。

「かぶせる」の場合は

  • 「帽子をかぶせる」
  • 「頭から水をかぶせる」

といったように、

  • 「載せる」
  • 「浴びせる」

という意味合いで使われます。

ですので

隠したり見えなくする

といったニュアンスを含むとは限りません。

「包む」の場合は

  • 紙や布などの中に入れてすっかりおおう
  • 物をすっかり取り囲むようにする

という意味からも分かるように、「覆う」よりも

物体を隠す面積が多い

というニュアンスで使います。

英語で言えば

「cover」と「wrap」の違いになります。

「覆うと被うの違いについて」のさいごに

以上、「おおう」の漢字の違いや使い分け方について解説してきました。

それぞれ、ニュアンスによって微妙な違いがありますので、漢字の意味を理解して、上手に使い分けて下さいね。

-言葉の違い