言葉の違い

「断つ」「絶つ」「裁つ」の違いは?使い分けを例文で解説!英語では意味が違う?連絡、煩悩、布、関係ではどの「たつ」を使う?

断つ 絶つ 裁つ 違い

「たつ」という言葉は、何かを切ったり終わらせるといった意味で使われ、漢字では、

  • 「断つ」
  • 「絶つ」
  • 「裁つ」

という表記になります。

これらは、どういった場面で使われるのでしょうか。

きっちり使い分けるとなると、意外と難しいと思います。

そこで今回は、「断つ」「絶つ」「裁つ」の違いについて、わかりやすく解説していきます。

理解のポイントは、

  • どのくらいの期間か
  • 目的は何か

になります。

ぜひ、上手に使い分ける参考にしてください。

ちなみに今回の「断つ」「絶つ」「裁つ」のように、同じ読み方で使い方の紛らわしい言葉は、ほかにもたくさんあります。

こちらの記事で特集していますので、使い分けができるかどうか、ぜひ挑戦してみてくださいね。

知識を深めよう!

「断つ」の意味は?英語では何ていう?言い換えは?使い方を例文で解説

「断つ」には複数の意味があります。

断つの例文と意味

  • 「彼は鎖を断って逃げ出しました」
    • つながっているものを切り離すという意味。
  • 「今までの関係を断って、新しい生活を始める」
    • それまで続いていた物事を終わりにするという意味。
  • 「ダイエットのため甘いものを断つことにした」
    • 一切手を付けないことという意味。
  • 「退路を断たれ逃げ場が亡くなった」
    • 道などを遮って通えなくするという意味

と、このような意味があります。

基本的には

  • つながっている物の間を切って、お互いの関係を無くす

という意味でよく使われます。

ですので、言い換える場合も

  • 切る
  • やめる
  • さえぎる

といった表現になります。

英語に訳すときも、「分離する」「さえぎる」といったニュアンスの

  • 「cut off」

や、「遮断する」「切り離す」といったニュアンスの

  • 「shut off」

などになります。

「絶つ」の意味は?英語では何ていう?言い換えは?使い方を例文で解説

「絶つ」には、次のような意味があります。

絶つの例文と意味

  • 「彼が消息を絶って既に五日が過ぎた」
    • それまで続いていた関係をやめて終わりにする
    • つながりや、縁が切れる
  • 「犯罪の根を絶てるように努力します」
    • 終わらせる
    • 尽きさせる

といった意味があります。

つまり、「絶つ」は、関係を終わらせ、なかったことにするという意味で使われる言葉になります。

ですので、言い換える場合も

  • 終わる
  • 無くなる

のようになります。

英語にすると、「止める」「ないようにする」といったニュアンスの

  • 「stop」

や、「やめる」「ひきちぎる」といったニュアンスの

  • 「break off」

などになります。

「裁つ」の意味は?英語では何ていう?言い換えは?使い方を例文で解説

「裁つ」には、次のような意味があります。

裁つの例文と意味

  • 「寸法に合わせて布を裁って服を作ります」
    • 紙や布などを、型紙や線に沿って切る

このような意味になります。

言い換える場合は

  • 切り抜く
  • 切り取る

のようになります。

ただし、「裁つ」の場合は、単に「切る」のではなく、衣服を作るなどの目的に合わせ、寸法に合わせて切るという意味で使われる言葉になります。

ですので、英語にする場合も、「切り抜く」「裁断する」といったニュアンスの

  • 「cut out」

と表現できます。

「断つ」「絶つ」「裁つ」の違いと使い分け方は?

「断つ」「絶つ」「裁つ」の違いをまとめていきましょう。

「断つ」「絶つ」「裁つ」の違いまとめ

  • 「断つ」:(空間的に)つながっていたものを切り離す、やめる
  • 「絶つ」:(時間的に)続いていたものを終わらせる
  • 「裁つ」:布や紙を寸法に合わせて切る

このような意味の違いがあります。

「断つ」と「絶つ」は意味的に重なるものもあり、どちらを使ってもいい場合が多くあります。

「断つ」「絶つ」「裁つ」の使い分け

  • 「断つ」:「中断する」「断食する」のように、一時的に切断し、継続が可能な事を表す時
  • 「絶つ」:「絶滅する」「絶命する」のように、半永久的に終わらせる事を表す時
  • 「裁つ」:布や紙を寸法に合わせて切る場合
    • 単に切る場合は「断つ」を使います。
    • 「裁つ」を使う場合は、衣服を作るなどの目的に合わせ、寸法通りに紙や布を切る時のみに用いられます。

このような状況で、使い分けしていきましょう。

以上のことから、具体的な使い方は以下のようになります。

どの「たつ」を使う?

  • 連絡
    • 一時的に連絡を取らない場合は 「断つ」
    • 全く連絡を取らなくする(取れない)場合は 「絶つ」
  • 煩悩
    • 煩悩(心の穢れ)は消え去ってしまうものでなく、切り離すものなので 「断つ」
    • ただ単に切るだけならば 「断つ」
    • 服を作るなどの目的があって、紙や布を切る場合は 「裁つ」
  • 関係
    • 一時的にやめる場合は 「断つ」
    • 永続的にやめる場合は 「絶つ」

Tips「経つ」「立つ」「建つ」「発つ」「起つ」の違いも!

「たつ」には、他にも様々な漢字があります。

その他の「たつ」も覚えよう!

  • 「経つ」
    • 【意味】時間が過ぎる
    • 【例文】「時が経つ」「年月が経つ」
  • 「立つ」
    • 【意味1】真っすぐ縦の状態になる
    • 【例文1】「電柱が立つ」
    • 【意味2】ある場所・状況に身を置く
    • 【例文2】「苦境に立つ」「証人に立つ」
    • 【意味3】度合いが強くなり明らかになる
    • 【例文3】「噂が立つ」「あかしが立つ」
    • 【意味4】立派に成立する
    • 【例文4】「役に立つ」「面目が立つ」
    • 【意味5】新たに設けられる
    • 【例文5】「市が立つ」「予定が立つ」  など(他にもあります) 
  • 「経つ」
    • 【意味】時間が過ぎる
    • 【例文】「時が経つ」「年月が経つ」
  • 「建つ」
    • 【意味】建造物が出来る
    • 【例文】「ビルが建つ」「新居が建つ」
  • 「発つ」
    • 【意味】出発する
    • 【例文】「故郷を発つ」「列車で発つ」
  • 「起つ」
    • 【意味】目的のために行動を起こす
    • 【例文】「反対運動に起つ」

たくさん、ありますね。

頭がパニックになりそうです。

さいごに

以上、「断つ」「絶つ」「裁つ」の違いについて解説してきました。

重複する意味もあります。

使い分けに迷ったときは、伝えたいことが

  • どのくらいの期間か
  • 目的は何か

を考え、適切に使い分けて下さい。

-言葉の違い