「特徴」と「特長」の違いとは?

特徴』と『特長』。

 

この2つの言葉は、どちらも
とくちょう」と読むことができる漢字です。

 

”とくちょう”のある人物」、
新しい機械の”とくちょう”を説明する」、
犯人の”とくちょう”を知る」、
など色んな場面で使われる言葉ですね。

 

 

しかしこの2つ、読み方が同じなため、
漢字で書く時どちらを使えばいいか
迷ったことはないでしょうか?

 

もし使い方を知らないでいると、
思わぬ間違いをしてしまうかも!

 

 

今回は「特徴」と「特長」の、
違い使い分けについて解説していきます!

 

「特徴」と「特長」の違いとは?

 

「特長」と「特徴」の違いとは?

 

この2つの正しい使い方を知るために、
まずは漢字辞書で、それぞれの意味を調べてみました。

  • 特徴・・・他と比べて特に目立つ点。きわだったしるし。
  • 特長・・・他よりも特にすぐれている点。特別の長所。

 

この2つの意味は少し似ていますが、
よく聞くと少し違ったニュアンス
持っているのが分かると思います。

 

 

分かりやすいように言うと、
特徴」は「他と比べて目立つ点」を指し、
特長」は「他と比べて優れている点」を指すということです!

 

「特長」は、その対象の物の「長所」の事を指すのですが、
「特徴」は、いい意味でも悪い意味でも、
他とくらべて目立つ点を指すという訳です。

スポンサーリンク

「特徴」と「特長」の正しい使い方

 

「特徴」と「特長」の違いを知った上で、
次はこの2つの正しい使い方について、
例文を出して解説したいと思います。

 

「特徴」の正しい使い方

 

  • 犯人の特徴を聞く。
  • 特徴的な顔をしてる。
  • 彼女の特徴は背が低いこと。

 

このように「特徴」は、優れているかは置いといて、
印象的な点を指す時に使うのが正しい使い方です。

 

なので、「犯人の特徴」など、
目立つ点を言う場合は「特徴」を使うということです。

 

「特長」の正しい使い方

 

  • 水に強いのがこの製品の特長です。
  • 彼女の特長は美しいロングヘアーです。
  • 彼は字を綺麗に書くのが特長だ。

 

このように「特長」は、他のものより
優れている時に指すのが正しい使い方です。

 

「長」所の事を指すと考えれば、
覚えやすいのではないでしょうか。

 

まとめ

 

「特徴」と「特長」の違いは、
お分かり頂けたでしょうか?

 

この2つは似たような意味を持っていますが、
詳しく調べると意味が違っているので、
1度覚えれば間違えることはありませんね!

 

 

これであなたも、日本語を上手く使えることが
特長」になるように頑張りましょう!

言葉の違い
スポンサーリンク
シェアしていただけるとうれしいです!
フォローしていただければ励みになります!
関連する記事と広告はこちら



役立つ・ためになる知っ得袋!

コメント