「怖い」と「恐い」の違いとは?

 

怖い」と「恐い」。

この2つの漢字は、
どちらも「こわい」と
読むことができる漢字です。

「お化けが”こわい”」や、
「担任の先生が”こわい”」など、
だれでも1度は使ったことの
ある言葉だと思います。

 

しかしこの2つ、
読み方が同じなため、
漢字で書く時どちらを
使えばいいか
迷ったことはありませんか?

もしこの2つに違いがあって、
使い方を間違えてしまうと
恥ずかしい思いを
してしまうかも!

今回は「怖い」と「恐い」の、
違い使い分けについて
解説していきます!

 

 

「怖い」と「恐い」の違いとは?

 

「怖い」と「恐い」の
違いを知るために、
漢字辞書でこの2つの
意味を調べてみると、
それぞれこういった
意味が書いてありました。

 

怖い

  • それに近づくと危害を加えられそうで不安である。
  • 悪い結果がでるのではないかと不安で避けたい気持ちである。
  • 不思議な能力がありそうで不気味である。

 

恐い

  • それに近づくと危害を加えられそうで不安である。
  • 悪い結果がでるのではないかと不安で避けたい気持ちである。
  • 不思議な能力がありそうで不気味である。

 

なんとこの2つは、
意味が全く一緒なのです!

ということなので、
この2つに違いは
無いということですね。

 

1つ分かりやすい
違いを挙げるなら、
「怖い」と違い「恐い」は
常用漢字ではないことです。

そのため新聞
ニュースなどの場では、
恐い」は使われることなく
怖い」を使うように
決められているのです。

なので基本的には、
常用漢字である
「怖い」を使うのが
正しいことになります(^^)

 
[ad]
 

「怖い」と「恐ろしい」の違いとは?

 

常用漢字ではないため、
あまり使われることがない
「恐い」は、別の読み方をすると
恐ろしい」とも
読むことができます。

「恐ろしい」は「こわい」と
ほぼ同じようなニュアンスを
持っているため、
恐い=恐ろしい」としても
いいのではないでしょうか。

そうなると、
「怖い」と「恐い」の
細かい違いが浮かんでくる
かもしれません!

 

「恐ろしい」を
漢字辞書で調べてみると、
こういった意味が
書いてありました。

 

「恐ろしい」の意味

  • 危険を感じて不安である。
  • 程度がはなはだしい。

 

という風に「恐ろしい」は、
客観的に対象の
危険性を表す」時に
使うのが正しい
使い方になります。

これに対し「怖い」は、
主観的な恐怖感」を
表します。

つまりこの2つの違いは、
恐怖の対象が主観的か客観的か
ということなのです!

「怖い」と「恐い」は
同じ意味ですが、
「恐ろしい」の意味を考えると、
「恐い」は客観的な恐怖の時に
使うのがいいでしょう!(^^♪

 

日本語には、これ以外にも
似たような言葉が
いっぱいあるのを知ってますか?

このブログでは、
この記事以外でも
「言葉の違い」について
詳しく解説しています!

 

言葉の違いのまとめ記事!
あなたはいくつ分かる?

 

最後に

 

「怖い」と「恐い」の違いは、
お分かりいただけたでしょうか?

 

この2つには明確な
違いこそないものの、
詳しく調べると
細かい違いがあります。

 

この違いに気をつけて
使うのもよし、
常用漢字の「怖い」を
使うのもよしです!

 

これでこの2つの使い分けは
バッチリですね!

言葉の違い
スポンサーリンク
シェアしていただけるとうれしいです!
フォローしていただければ励みになります!
関連する記事と広告はこちら



役立つ・ためになる知っ得袋!

コメント

  1. ももな より:

    分かりやすい