言葉の違い

「薦める」と「勧める」の違いとは?

2015-03-19

薦める 勧める 違い

 

薦める」と「勧める」。

この2つはどちらも「すすめる」と、読むことができる漢字です。

 

美味しい料理を”すすめる”」など、他の人に何かをおススメする時に、この2つの漢字が使われます。

 

しかしこの2つは、どちらも同じ読み方な上に、似たような意味を持っているため、違いが分からない!と感じたことはありませんか?

 

いざ漢字で書くとなると、違いを知ってなければ、使い分けが難しいですよね。

 

もし間違った使い方をしてしまうと、恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません!

 

そこで今回は、「薦める」と「勧める」の違い使い分けについて解説していきます!

 

 

「薦める」の正しい使い方

 

薦める」の「薦」という漢字を見ると、「推薦」という言葉が頭のなかに浮かんだのではないでしょうか。

「薦める」の正しい使い方を知るために、まずは漢字辞書で「薦める」の意味について調べてみました。

 

  • ある人や物をほめて、採用するように説く。
  • 推薦する。

 

 

「薦める」の意味を調べてみると、まさしく「他人にものをおススメする」という意味が書いてありました。

 

 

使い方の例文は、

 

  • 美味しい料理を薦める。
  • 友達を生徒会に薦める。

 

このように、他の人に何かをおススメする時は「薦める」を使うようにしましょう!

 

 

「勧める」の正しい使い方

 

「薦める」に対し、次は「勧誘」という言葉にも使われている「勧める」です。

 

こちらも漢字辞書で調べると、こういった意味が書いてありました。

 

  • 人がその事を行うように誘いかける。勧誘する。
  • 物を供して、飲食または使用してもらおうとする。
  • 積極的に実行するようにたすけ励ます。

 

 

一見、「勧める」の意味も、「薦める」と一緒のような感じがしますね。

 

しかし、「勧める」の違うところは「勧誘する」という意味があることです。

これは「薦める」には無い意味ですよね。

 

そのため「勧める」には、「何かをするようにはたらきかけること」という意味があるのです!

 

使い方を例文にすると、

  • 私のチームに入ることを勧める。
  • お風呂に入ることを勧める。
  • 資源の有効利用を勧める。

 

 

「勧める」は「薦める」と比べると、多少強引な印象がありますね。

 

このように、命令形に近い感じの「すすめる」を使う時は、「勧める」を使うようにしましょう!

 

 

まとめ

 

薦める」と「勧める」の違いは大きく分けると、「おススメするか働きかけるように言うか」ということ。

 

 

  • 良い物や人を紹介したい時には「薦める
  • 行動をうながす時には「勧める

を使うようにすると覚えれば、使い分けが簡単ですね。

 

これで「薦める」と「勧める」の違いはバッチリですね!

人気記事ランキング!

-言葉の違い