「探す」と「捜す」の違いとは?

探す」と「捜す」。

 

この2つは、どちらも「さがす」と

読むことができる漢字です。

 

本を”さがす”」、「犯人を”さがす”」、「仕事を”さがす”」など、

色んな場面で使われる漢字ですね。

 

しかしこの2つの漢字、書く時に読み方が同じなので、

どちらを使えばいいのか迷ったことはありませんか?

 

使い分けを知らないと、違いが分かりにくいですよね~

 

今回は「探す」と「捜す」の、

違い使い分けについて解説していきます!

「探す」の正しい使い方

 

捜す 探す 違い

 

小学校でも習い、文章を書くときには

こちらの方が多い「探す」。

 

「探す」の「」は「探索する」や「探偵」など、

一般的にもよく使われる漢字ですね。

 

この「探」を漢字辞書で調べると

こういった意味がありました。

 

  1. 奥深くさぐりを入れる。
  2. 景色などを見にたずねていく。

調べると、意外とあっさりとした意味で

ビックリしました(‘A`)y-~

 

今回重要となるのは、やっぱり1番目の

奥深くさぐりを入れる」という部分。

 

結構ざっくりしてて、明確な使い分けが分かりにくいですが、

「探す」の正しい使い方を例文にするとこんな感じです。

 

  • 新しい職を探す。
  • デパートで商品を探す。
  • 新築の家を探す。

このように「探す」は、

奥深くさぐりを入れる=欲しいものについて探す

ということになるので、欲しいものを

「探す」時に使うのが、正しい使い方です。

 

「捜す」の正しい使い方

 

これに対して、少し漢字が難しく、

「探す」と比べるとあまり使われることがない「捜す」。

 

それでも「捜す」の「捜」は、

捜索」や「捜査」など、

警察関連の用語でよく使われることが多いですね。

 

この「捜」を漢字辞書で調べると

こういった意味がありました。

 

  1. すみずみまでさがし求める。
  2. 見つけ出そうとして方々を見たり、歩きまわったり、人に聞いたりする。

「捜す」は、結構詳しく意味が

書かれていました(^^♪

 

これらの意味を用いて、

「捜す」で例文を作るとこんな感じです。

  • 事件の犯人を捜す。
  • 失くした財布を捜す。
  • 家族を捜す。

このように「捜す」は、

見つけ出そうとする=失くしたものを捜す

時に使うのが、正しい使い方です。

スポンサーリンク

「探す」と「捜す」の違い

 

「探す」と「捜す」のそれぞれの意味と

使い方について解説しましたが、

最後にこの2つの違いについても解説していきます。

 

この2つの違いは、

探しているものが、欲しいものなのか失くしたものなのか

ですね。

 

例えば、「人を”さがす”」であれば、

人がいなくなって、探しているということなので「捜す」を。

 

「職を”さがす”」であれば、

職が欲しいということなので

「探す」を使うということです。

 

これで違いが分かりやすくなったのではないでしょうか!

 

この違いに気をつけて、

「探す」と「捜す」の使い分けを

しっかりするようにしましょう!

文化言葉の違い
スポンサーリンク
シェアしていただけるとうれしいです!
フォローしていただければ励みになります!
関連する記事と広告はこちら



役立つ・ためになる知っ得袋!

コメント