「乾く」と「渇く」の違いとは?洗濯物にはどっち?

渇く」と「乾く」。

 

この2つの漢字は、どちらも

かわく」と読むことができる漢字です。

 

これら「喉が”かわく”」、「洗濯物が”かわく”」、

口が”かわく”」などなど、

色んな場面で使われる漢字ですね。

 

しかしこの2つの漢字、

読み方が同じなので、どうしても

使い分けに困る時があります。

 

最初の例文も、どの文にどちらの

「かわく」を使えばいいのか、

使い分けを知らないと迷ってしまいますよね。

 

今回はその、「渇く」と「乾く」の

使い分けと違いについて解説していきます!

「渇く」の正しい使い方

 

乾く 渇く 違い

 

「渇く」の「」は、「枯渇」という熟語にも

使われているように、水がなくなっていく事を表しています。

 

この「渇」を漢字辞書で調べると

こういった意味がありました。

 

  1. のどがかわく。
  2. 激しく欲しがる。
  3. 水がかれる。

結構直球な意味を持ってますね!

 

これらを用いて例文を作るとこんな感じです。

 

  • 走ったので喉が渇いた。←1の意味
  • 母親の愛に渇く←2の意味
  • 渇きを潤す。←3の意味

このように「渇く」は、水分を欲している状態を指し、

まさに「喉から手が出る」ほど欲しいというくらい、

渇ききった時に使います。

 

「乾く」の正しい使い方

 

これに対して「乾く」は、

乾燥」や「乾期」のように、

同じく「水がなくなっていく」という使われ方をします。

 

「乾」を漢字辞書で調べると

こういった意味がありました。

  1. かわく。かわかす。
  2. 空にする。

「乾」は結構あっさりとした意味ですが、

これを用いて例文を作るとこんな感じです。

 

  • 洗濯物が乾く←1の意味
  • 空気が乾く←1の意味
  • 乾杯する←2の意味

このように「乾く」は、

水分が無い状態を指す時に使います。

スポンサーリンク

「渇く」と「乾く」の違い

 

「渇く」と「乾く」のそれぞれの意味について解説しましたが、

それぞれの使い方を知っても

違いは結構分かりにくいですね(-_-;)

 

この2つの違いを分かりやすく説明すると、

水分を欲しているか、水分がなくなっていくか」の違いです。

 

水分を欲している場合は「渇く」を、

水分がなくなっていくのなら「乾く」を使うということです。

 

例えば、「洗濯物が”かわく”」という文章であれば、

水分がなくなって「かわいた」ので「乾く」を。

 

喉が”かわく”」という文章であれば、

水が欲しい状態なので「渇く」を使うということです!

 

これなら使い分けが分かりやすいですね!

 

この違いに気をつけて

「渇く」を「乾く」を間違えないように使っていきましょう!

言葉の違い
スポンサーリンク
シェアしていただけるとうれしいです!
フォローしていただければ励みになります!
関連する記事と広告はこちら



役立つ・ためになる知っ得袋!

コメント