スコップとシャベルの違いってナニ?地域によって違う!?

 

スコップシャベル

この2つはどちらも
庭の手入れや土を掘る時に
使う道具です。

あなたも1度は
使った事があると思います。

どちらも同じような
道具に思えますよね。

 

 

あなたはこの
スコップとシャベルの違い
知っていますか?

何気なく使っている
この2つの道具、
意外に違いが分からなく
ありませんか?

今回はこの2つの違いを
詳しく解説していきます。

 

 

スコップとシャベルの3つの違い

 

この2つの違いを
調べてみると、
大きく分けて3つの違い
判明しました。

その3つの違いというのがコレ!

 

  • 言語
  • 道具の形・大きさ
  • 地域差

 

次の章から1つずつ解説していきますね。

 

言語

 

スコップとシャベルは
そもそも元になっている
言語が違いました。

どちらも英語だと勘違いして
しまいそうですが、
実は片方が英語では無いのです。

英語では無いのはスコップ!

スコップは実は
オランダ語なのです。

 

同じようなものだと
パンがありますよね。

実はパンも英語ではなく、
スペイン語が語源なのです。

パンを英語で言うとブレッド。

 

私達は普段何気なく
英語以外の言葉も
使用しているんですよ\(^o^)/

 

道具の形・大きさ

 

スコップとシャベルの形を
頭の中で思い浮かべてみてください。

恐らくこの2つが
出てきたと思います。

あなたはそれぞれどちらが
スコップでどちらが
シャベルと呼びますか?

 

大きいシャベルの画像

黄色いスコップの画像

 

 

この2つの呼び方、
後で紹介する地域差についての
章でも説明しますが、
人によって違うのです。

この2つ、実は両方とも
シャベルとも呼ぶ事ができますし、
スコップとも呼ぶ事ができます。

つまりどちらでも
正しいという訳ですね。

 

ちなみに私は
大きいほうがシャベルで、
小さい方をスコップと
呼んでいました。

あなたはどうでしたか?

 

地域差

 

呼び方がどちらも正しいのなら、
なぜ人によって呼び方が
違う場合があるのでしょうか?

この謎は地域によって
違う事が分かりました。

その違いがコレ。

 

  • 東日本を始めとするほとんどの地域・・・
    大きいほうがスコップ、小さいほうをシャベル
  • 関西地方・・・
    大きいほうをシャベル、小さいほうをスコップ

 

私も関西地方出身なのでビックリ(゜o゜;

逆のパターンは考えられなかったので、
軽くカルチャーショックを
受けてしまいました。

東日本の人は
関西の呼び方に驚くのでしょうか?

もしよければコメントで
教えてくださいね。

 

まとめ

 

スコップとシャベルの違い、
いかがでしたか?

最後にまとめるとこのようになります。

 

  • スコップはオランダ語、シャベルは英語
  • 呼び方はどちらでも正しい
  • 関西とそれ以外の地域で呼び方が違う

 

普段何気なく使っていう道具にも、
こんな違いがありました!

ぜひこのことを他の人にも
教えてあげてくださいね!

 

言葉の違い
スポンサーリンク
シェアしていただけるとうれしいです!
フォローしていただければ励みになります!
関連する記事と広告はこちら



役立つ・ためになる知っ得袋!

コメント