「誉める」と「褒める」の違いとは?

言葉の違い

誉める」と「褒める」。

 

この2つは、どちらも「ほめる」と
読むことができる漢字です。

 

 

子供がテストでいい点をとった時や、
部下が仕事で大成功した時など、
誰でも1度は人に対して”ほめた”事が
あるかと思います。

 

 

 

しかしこの2つ、どちらも同じ読み方なので、
いざ漢字で書く時にどちらを使えばいいのか
迷ったことはありませんか?

 

どちらも似たような意味を持ってそうなので、
違いを知らないと間違った使い方
してしまうかもしれません!

 

 

 

今回は「誉める」と「褒める」の
違い使い分けについて解説していきます!

 

「誉める」と「褒める」の違いとは?

 

「褒める」と「誉める」の違いとは?

 

まずはこの2つの違いを知るために、
漢字辞書でそれぞれの
意味について調べてみました!

 

「誉める」の意味

 

 

人のしたこと・行いをすぐれていると評価して、そのことを言う。

祝う。ことほぐ。

 

 

「褒める」の意味

 

 

人のしたこと・行いをすぐれていると評価して、そのことを言う。たたえる。

祝う。ことほぐ。

 

 

なんとこの2つは、
どちらも同じ意味を持っているのです!(゚д゚)

 

 

ということなので「ほめる」という言葉を使う時は、
どちらを使っても問題は
無いということです!

 

この2つは確かに同じような意味を持ってそうでしたが、
まさか一緒だとは思いませんでしたね(^^;)

 

 

 

なので、「ほめる」という言葉を漢字で書く時は、
どちらを使っても大丈夫です!

 

「誉める」と「褒める」の厳密な違いとは?

 

誉める」と「褒める」は、
どちらを使っても問題が無いということですが、
厳密にはちょっとした違いがあります。

 

 

 

それが、常用漢字かそうでないかということです!

 

 

 

詳しく説明すると、「褒める」は
常用漢字に指定されているのですが、
誉める」は常用漢字に
指定されていないのです!

 

そのため、学校やテレビのニュース、
新聞などで「ほめる」という言葉を使う時は、
「誉める」ではなく「褒める」を使うというわけです。

 

 

なので、そういう重要な場所では
褒める」を使った方がいいかもしれませんね。

 

 

 

ちなみに漢字の成り立ちも「」は、「」という字が含まれているので、
言葉で「ほめる」ことが由来とされており、
」は「」という字が含まれているので、
衣など金品を与えて「ほめる」ことが由来となっています。

 

 

 

この2つは同じ意味なので使い分けは必要ありませんが、
もし使い分けるなら、この違いに気をつけてみてもいいですね!

 

まとめ

 

誉める」と「褒める」の違いは、
お分かり頂けたでしょうか?

 

 

この2つには明確な違いが無いため、
漢字で書く時は使い分けなくていい、
というのは予想外だったのではないでしょうか。

 

 

厳密な違いは豆知識程度に置いといて、
他の人に教えてあげてもいいですね!

 

 

これからも、正しい日本語を使えるようになりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました