「十分」と「充分」の違いとは?

『充分』と『十分」。

この2つは、どちらも「じゅうぶん」と』読むことができる熟語です。

「水分を”じゅうぶん”に摂る」、「”じゅうぶん”に話し合う」、「”じゅうぶん”に楽しむ」など、満足できた時に、この2つは使われますね。

しかし、「じゅうぶん」を漢字で書く時、あなたはこの2つのどちらを使えばいいのか、迷ったことはありませんか?

どちらも同じ読み方な上に、意味も一緒となると、使い分けが非常に難しいですよね・・・

「じゅうぶん」という言葉を漢字で書く時は、どちらを使うのが正しいのでしょうか?

今回は、この2つの違いと、どちらが正しいのかを詳しく解説していきます。

「充分」と「十分」の違いとは?

 

充分と十分の違いとは?

 

「充分」と「十分」の大きな違いといえば、やっぱり漢字が違うこと。

漢字が違うということは、言葉の意味も少し違ってきますよね。

それぞれの漢字の意味を挙げてみると、

  • 「十」・・・「1・2・・・・・・と来て数が満ちる。」
  • 「充」・・・「満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。」

となります。

この2つは全く異なった意味を持っているように見えますが、「1から10にする」と「満たす」というのは一緒ですね。

しかし似たような意味でも、「十」は「数値などのデジタルな満たされ方」、「充」は「アナログ的な満たされ方」という違いがあります。

つまり、「十分」は「数値などデジタルで分かるよう満たされた時」、「充分」は「数値では測れないアナログの満たされた時」という風に違ってくるのです!

これが「十分と「充分」の違いですね!

スポンサーリンク

「充分」と「十分」の使い分け!

 

この違いを用いて例文を作ると、「十分」であれば、

  • 素材が十分に集まる。
  • 免許を取るのに十分な年齢になる
  • イベントに人が十分と集まる。

「充分」であれば、

  • 充分に美味しいものを堪能した。
  • 充分なくらい愛情を受ける。
  • 会社のために充分働いた。

といった感じです。

満たされる物が、アナログかデジタルかの違いで、

この2つの使い分けかなりしやすくなったのではないでしょうか!

 

実はどっちを使っても大丈夫!?

 

ここまで、「十分」と「充分」の違いと使い分けを解説しましたが、実はこの2つは厳しく使い分ける必要はないのです。

明確な違いがあまり浸透していないため、個人の好みで使い分けても、そこまで問題とはされていません。

なので、「じゅうぶん」を漢字で書く時は、この2つのどちらでもいいという訳です。

もちろん、上記の違いも間違いではないので、違いを分けて使ってもいいでしょう。

言葉の違い
スポンサーリンク
シェアしていただけるとうれしいです!
フォローしていただければ励みになります!
関連する記事と広告はこちら



役立つ・ためになる知っ得袋!

コメント