言葉の違い

「ヴ」「ブ」の違いは?読み方や発音はどう違う?世界史や国名ではどっちの表記?使い分けをわかりやすく解説!



ヴ ブ  表記 読み方 違い

辞書や書物を見ていると

  •  「ヴァイオリン」
  •  「バイオリン」

のように、違う表記のものを見かけます。

人名も、

  •  「デヴィッド・ボウイ」
  •  「デビッド・ボウイ」

と、これも表記している媒体によって、異なるものがあります。

実際にはどちらが正しい表記なのでしょう?

違いや使い方がわかると、これからは迷わず使い分けできますよね。

そこで今回は、「ヴ」「ブ」の違いについて、わかりやすく解説していきます。

ちなみに今回の「ゔ」「ぶ」のように、使い方の紛らわしい言葉は、ほかにもたくさんあります。

こちらの記事で特集していますので、使い分けができるかどうか、ぜひ挑戦してみてくださいね。

知識を深めよう!

「ヴ」「ブ」の違いは?読み方や発音はどう違う?使い方を例文で解説

「ヴ」は、「v」の発音を原音のように表記する為、明治時代に福沢諭吉が考案したものなんです。

元々日本語の仮名には無かったもので、外来語を仮名表記するときに、発音の違いを意識して表記したものになります。

簡単に言うと、本当の発音に近づける為にそれらしく作った仮名です。

読み方とローマ字表記は

  • 「ヴァ(va)」
  • 「ヴィ(vi)」
  • 「ヴ(vu)」
  • 「ヴェ(ve)」
  • 「ヴォ(vo)」

となります。

一般的に言われている発音の仕方は、

  • 前歯で下唇を軽く嚙み
  • 歯と歯の間から息を漏らすように「ぶー」と強く息を吹き付ける

といった感じになります。

中学生の時、英語の先生が必死に教えていたことを思い出しますよね。

一方、「ブ」は「b」の発音の仮名表記で、読み方とローマ字表記は

  • 「バ(ba)」
  • 「ビ(bi)」
  • 「ブ(bu)」
  • 「ベ(be)」
  • 「ボ(bo)」

となります。

ただし、日本語の、ひょっとこのように口をとがらせるようにして発音する「ブ」と違い、「b」の場合の発音の仕方は

  • 唇を一文字に閉じて両端を少し引く
  • 口の真ん中から勢いよく空気を吐く

のようになります。

ちなみに、「ヴ(v)」と「ブ(b)」の明確な違いは、

  • 「ヴ(v)」:振動音、息の続く限り継続して出せる
  • 「ブ(b)」:破裂音、瞬しか発音できない

となります。

これを表記してみると、

  • 「ヴ(v)」 → 「ヴ~」
  • 「ブ(b)」 → 「ブッ」

といったニュアンスと言えます。

「ヴ」「ブ」の使い分けは?例文で解説

「ヴ」は基本的に

  • violin(ヴァイオリン)
  • drive(ドライ
  • love(ラ

のように、英語表記の「v」を片仮名表記にする時に使われます。

一方「ブ」の方は

  • bed(ッド)
  • crab(クラ
  • liberty(リティー)

のように、英語表記の「b」を片仮名表記にする時に使われます。

ただし、1991年の国語審議会が発表した「外来語の表記」では、

「原音に近い表記にする場合は、「v」音を「ヴ」で表現しても良い」

のような曖昧な表現となっています。

このことから、「ヴ」と「ブ」に、厳密な使い分け方は無いということになります。

最近では、「バ」「ビ」「ブ」「べ」「ボ」表記の方が主流になっています。

ただし

  • 最初から決まっている固有名詞(ヴェルディ川崎、エヴァンゲリオンなど)
  • 長く使われていて馴染んでいる名詞(ルイヴィトン、作曲家のラヴェル、ヴィヴァルディなど)

のようなものには「ヴ」が使われます。

また、

  • best(最高の) ↔ vest(服のベスト)
  • berry(果実のベリー) ↔ very(非常に、とても)

のように、同じような発音で意味の違う言葉を分ける際に用いたりします。

「ヴ」の表記がなくなるって本当?世界史や国名ではどっちが正しい?

2019年に施行された「在外公館名称位置給与法」の改正法によって、在外公館の名称から、「ヴ」の表記がなくなったそうです。

  • 「ヴァ、ヴィ、ヴ、ヴェ、ヴォ」 → 「バ、ビ、ブ、べ、ボ」
  • 「ティ」「テュ」 → 「チ」「チュ」

などのように、国名を変更する法改正は、2003年に施行されています。

これは、流通している辞書など9冊の資料を参照したところ、「ヴ」を使用していたのは1冊だったため、「ヴを使わない表記の方が今の国民になじみがある」と判断したからだそうです。

この時、

  • 「セントクリストファー・ネーヴィス」
  • 「カーボヴェルデ」

の2ヵ国だけは、まだ「ヴ」の表現が多かったため、2019年まで同表記が残りました。

ですので、現在政府としての国の呼び名からは「ヴ」の表記は無くなったと言えます。

ただし、これはあくまで、在外公館の名称の変更になるので、

  • 民間での地図表記
  • 歴史上での国名表記

などを制限するものではありません。

そこで、一般的に使う場合は、「ヴ」と「ブ」どちらが正しいという決まりはないと言えます。

世界史のテストで、ヴとブの表記で、不正解になったと、よく耳にします。

この場合、教科書の表記をそのまま覚えるようにしましょう。

考えるよりも、教科書通りに覚えるほうが安全です。

ただ、先程も言ったように、

  • ヴ→ブに書き直す ⇒ 安全
  • ブ→ヴに書き直す ⇒ 危険

と思っておきましょう!

「ヴ」は「あいうえお順」だとどこ?

ほとんどの辞書では、「う」の並びになります。

「ゔ」は「う」に濁点がつくので、順番は「う」の後「え」の前になります。

「ヴ」から始まる言葉と「ヴ」で終わる言葉!面白いもの5つ

「ヴ」で始まる言葉、「ヴ」で終わる言葉を調べていると、

  • ヴァン
  • ヴィヴィ
  • ヴェルディ
  • ヴォルタ
  • モーヴィ

という言葉が出てきました。

実はこれらは全て、マスコットキャラクターの名称になります。

しかも、全てJリーグのマスコットなんです!

  • ヴァンくん:ヴァンフォーレ甲府
  • ヴィヴィくん:V・ファーレン長崎
  • ヴェルディ君:東京ヴェルディ
  • ヴォルタくん:徳島ヴォルテス
  • モーヴィ:ヴィッセル神戸

サッカーに関する言葉や、チーム名が、イタリア語やフランス語など、「v」音のつく言葉が多い国の単語が、ネーミングの基になっているからかもしれませんね。

さいごに

以上、「ヴ」「ブ」の違いについて解説してきました。

結論としては、「ヴ」「ブ」の厳密な使い分けは無く、どちらを使っても可ということでした。

あなたも、正誤は特に気にせず、分かりやすく、見慣れた表現を心がけて使うようにしてくださいね。

-言葉の違い