「目標」と「目的」の違いとは?

目標」と「目的」。

 

この2つは、どちらも
何かに向かって行動する」時の
”何か”に対して使いますね。

 

目標を立てる」、「目的を決める」、
どちらもよく耳にしませんか?

 

 

しかし、この2つの違いを教えて!って聞かれたら、
あなたはこの2つの違いを
しっかりと説明することができますか?

 

この2つは、お互い同じような意味を持っているため、
いざ違いを説明しようとなると
難しいのではないでしょうか。

 

 

 

正しい日本語を使えるようにするためにも、
今回は「目標」と「目的」の
違い使い分けについて解説していきます!

「目標」と「目的」の違いとは?

 

「目標」と「目的」の違いとは?

 

目標」と「目的」の違いを知るために、
まずはそれぞれの言葉の意味
漢字辞書で調べてみました。

目標

 

  1. そこに行き着くように、またそこから外れないように目印とするもの。
  2. 射撃・攻撃などの対象。
  3. 行動を進めるにあたって、実現・達成をめざす水準。

 

目的

 

  1. 実現しようとしてめざす事柄。行動のねらい。めあて。
  2. 倫理学で、理性ないし意志が行為に先だって行為を規定し、方向づけるもの。

 

意味を調べてみても、
似たような意味で違いが分かりにくいですね(^^;)

 

 

 

しかしこの2つには、大きな違いがあります!

 

それは「目標は具体的、目的は抽象的」ということです!

 

「目的」を達成するための「目標」?

 

目標は具体的、目的は抽象的」と聞いても、
あまりピンと来ませんでしたか?

 

そういうあなたのために、
次はこの違いについて
分かりやすくにしてみました!

 

 

  • 目的・・・美しいボディを手に入れる
  • 目標・・・体重を3kg落とす・健康な食生活を送る・毎朝1時間運動をする

 

 

これで少しは、分かりやすくなったのではないでしょうか(・∀・)

 

 

 

このように、抽象的で数値では表せないものを「目的」、
具体的で数値で表すことができるものを「目標」と呼ぶのです!

 

「目的」のために、「目標」を達成する』、
という風に認識すれば覚えやすくなりますね!

 

「目的」は1つ!「目標」は複数個!

 

「目的」と「目標」の違いは、
これ以外に持つことができる数にも、違いがあります。

 

 

「目的」は最終的に達成することなので、
1つしか持つことができないことになります。

 

これに対し「目標」は、その「目的」を達成するためであれば、
たくさん用意しても良いということです。

 

 

 

細かい「目標」をいくつも設定し、
地道にクリアする事で着実に
目的」に向かうことができるという訳です。

 

「目的」は1つだけ、「目標」はたくさん持てる!』と
覚えれば、分かりやすいですね!

 

まとめ

 

目標」と「目的」の違いは
お分かり頂けましたか?

 

 

この2つは違いを知らないと
混合させてしまいがちですが、
詳しく知ると全く違うニュアンス
持ってることが分かったかと思います。

 

この違いに気をつけて、
あなたも正しい日本語を使えるようにしましょう!

言葉の違い
スポンサーリンク
シェアしていただけるとうれしいです!
フォローしていただければ励みになります!
関連する記事と広告はこちら



役立つ・ためになる知っ得袋!

コメント