せんべいとおかきの違いは?カロリーはどちらが高い?

「せんべい」と「おかき」。

この2つはどちらも、バリバリっとした食感が特長の、日本のお菓子ですね。

どちらも食べると、癖になる味をしてるので、食べだすと止まらなくなっちゃいますよねw

しかしこの2つ、どちらも似たようなお菓子なので、いざ違いは?と聞かれたら、あなたは完璧に答えることができますか?

以外と違いを知らないで、この2つを食べているという人も多いでしょう。

そこで今回は、あまり知られていない「せんべい」と「おかき」の違いを解説していきます!

 

 

「せんべい」と「おかき」の違い

 

「せんべい」と「おかき」の大きな違いは、原材料です!

この2つは似たようなお菓子ですが、原材料が全く違うんですよ~

ではその原材料とは何なのかというと、

 

 

 

 

  • せんべい・・・うるち米
  • おかき・・・もち米

 

 

 

 

という感じです。

「せんべい」の原材料である「うるち米」は、少し聞き慣れない言葉ですが、これは私達が普段から食べているお米の事です。

これに対し「おかき」の原材料である「もち米」は、お正月などに食べるお餅を作る時に使われるお米ですね。

原材料が変わることによって、「せんべい」と「おかき」を区別しているという事なのです!

 

スポンサーリンク

気になるカロリーは?

 

お菓子を食べていると、どうしても気になるのはカロリー。

「せんべい」と「おかき」では、どちらの方がカロリーが低いのか、気になることかと思います。

この2つのカロリーは、

 

100g辺りの数値

  • せんべい・・・190kcal
  • おかき・・・283kcal

 

となります。

比べてみると、「せんべい」の方がカロリーは少ないんですね!

原材料からして、「おかき」のもち米は少しカロリーが高い感じしますもんね~

ダイエットしようと思ってる時に、「おかき」を食べるのは辞めておいたほうがいいかもしれません。

「せんべい」も、1枚は42kcalと比較的少ない数値なのですが、「せんべい」って食べだすと結構止まらなくなるので、食べ過ぎには注意ですね(-_-;)

せんべいとおかきの違いは?カロリーはどちらが高い?

 

 

まとめ

 

「せんべい」と「おかき」の違いはお分かり頂けましたか?

この2つは、そもそも原材料がそもそも違うため、1度違いを覚えれば忘れることは無さそうですね!

これからも日本伝統のお菓子である、「せんべい」と「おかき」を食べて行きましょう!

コメント