言葉の違い 食べ物・グルメ

パスタとスパゲッティの違いは?語源が違う!?

2015-06-18

パスタとスパゲッティの違いは?語源が違う!?

「パスタ」と「スパゲッティ」。

 

 

あなたはこの2つの違いについて、
気になったことはないでしょうか?

 

 

 

どちらも1度は食べたことがあると思いますが、
違いについては意外と知らない、
という人が多いかと思います。

 

 

いざ食べる時も、どちらを言うのが正しいのか、
迷ってしまうことも多々あるでしょう。

 

 

 

今回は、「パスタ」と「スパゲッティ」の
違いを分かりやすく解説していきます!

 

 

これを読めば、あなたもパスタ博士!

「パスタ」と「スパゲッティ」の違いとは?

 

「パスタ」と「スパゲッティ」の違いというと、

 

  • 語源が違う?
  • 値段によって言い方が変わる?
  • 麺の太さによって変わる?

 

など、色んな予想が出てきたことかと思います。

 

 

昔は「スパゲッティ」の方が
呼ばれることが多かったですが、
最近では「パスタ」と呼ぶほうが
主流になってきましたよね。

 

 

 

「パスタ」と「スパゲッティ」の違いは、
分かりやすく言うと
「パスタ」の中の1種に「スパゲッティ」がある
という事なのです!

 

 

 

「パスタ」と「スパゲッティ」の
本当の意味を調べてみると、

 

  • パスタ・・・イタリア料理で使われる小麦の加工食品全般。
  • スパゲッティ・・・スパゲティやスパゲッティーなどとも呼ばれ、パスタの中でも2.0mm前後のもの。

 

というように記載されてありました!

 

 

 

意味にもあるように、「パスタ」は
小麦の加工食品全般の事を指します。

 

 

これには「スパゲッティ」はもちろん、
マカロニやラザニア、ペンネなども
「パスタ」の仲間なのです。

 

 

 

これに対し「スパゲッティ」は、
意味にも載ってるように「パスタ」の中でも
2.0mm前後のものを指します。

 

 

「スパゲッティ」の中でも、
色々区別されており、

 

  • 2mm強のものをスパゲットーニ
  • 1.6~1.7mmのものをスパゲッティーニ
  • 1.3~1.5mmのものをフェデリーニ
  • 1.2mm未満のものをカッペリーニ

 

と更に詳しく分類されるのです。

 

 

フェデリーニやカッペリーニは、
耳にすることも多いですよね。

 

 

 

「パスタ」と「スパゲッティ」の違いは、
これでバッチリですね!

[ad]

なぜ日本では「パスタ」と「スパゲッティ」を間違える人が多いの?

 

では何故、日本では「パスタ」と「スパゲッティ」を
言い間違える人が多いのでしょうか?

 

 

先ほども説明したように、
最近では「パスタ」と呼ぶ人が増えてますよね。

 

 

 

しかし、本当の意味を考えると「パスタ」ではなく、
「スパゲッティ」と呼ぶのが正しい
というのが分かることかと思います。

 

 

なぜこのような事になってしまったのかと言うと、
これは「スパゲッティ」以外にも
色々な「パスタ」があることが
知られるようになったからでしょう。

 

 

そのため、総称の意味だった「パスタ」を、
「スパゲッティ」の別称だと勘違いする人が増えてしまった、
という事なんですね。

 

 

 

私達が普段よく口にするものは、「パスタ」ではなく
「スパゲッティ」と呼ぶのが正しいので、
この記事を読んでいるあなたは間違えないようにしましょう!

 

 

パスタとスパゲッティの違いは?語源が違う!?

 

まとめ

「パスタ」と「スパゲッティ」の
違いはお分かり頂けましたか?

 

 

今では「パスタ」と呼ぶのが一般的になっていますが、
実は「スパゲッティ」と呼ぶのが正しい、
というのが分かってもらえたかと思います。

 

 

この違いに気をつけて、使い分けるようにしましょう!

人気記事ランキング!

-言葉の違い, 食べ物・グルメ