「匂い」と「臭い」の違いとは?

匂い」と「臭い」。

 

この2つは、どちらも「におい」と

読むことができる漢字です。

 

花の”におい”を嗅ぐ」、「いい”におい”がする」など、

香りを楽しむ時に使います。

 

こういう読み方が同じ

漢字同士のことを「異字同訓」と言います。

 

異字同訓の中には、声に出して読むと

イントネーションが違ったり、

そもそもの意味が違うものがあります。

 

しかし、「匂い」と「臭い」は、

声に出してみても分かりませんし、

意味も同じような感じで違いが分かりません・・・

 

あなたは、この2つの違いと使い分けを

しっかりとすることができますか?

 

今回は、「匂い」と「臭い」の

違いと使い分けについて解説していきます!

「匂い」の正しい使い方

 

匂い 臭い 違い

 

字も簡単で、なんとなく

いい雰囲気が感じられる「匂う」。

 

髪などにつける香料入りの油のことを

匂い油」とも言いますね。

 

この「匂い」の正しい使い方を知るために、

漢字辞書で意味を調べてみました。

 

  1. そのものから漂ってきて、嗅覚を刺激するもの。
  2. いかにもそれらしい感じ・趣。
  3. 芸能や文芸で、表現の内にどことなくただよう情趣・気分・余情。

漢字辞書には、結構分かりやすい

意味が書いてありました(^^♪

 

これらを用いて例文を作ると、こんな感じです。

 

香水の匂いがする。←1の意味

焼き魚の匂いが香ばしい。←1の意味

都会の匂い。←2の意味

 

このように「匂い」は、

食べ物などの香りを”におう”事を指します。

 

1にも書いてある通り、嗅覚を刺激するものであれば、

基本的にこちらの「匂い」を使って大丈夫です。

 

「臭い」の正しい使い方

 

これに対して、「体臭」や「加齢臭」など、

「匂い」と比べるとあまりいい感じはしない「臭い」。

 

こちらの「臭い」も、

漢字辞書で正しい意味を調べてみました。

 

  1. 嗅覚を刺激する、不快なくさみ。悪臭。
  2. いかにもそのような感じ・気配。特に、好ましくないものについていう。

こちらの「臭い」は、意味にもある通り、

あまりいい感じの”におい”がしませんね(^_^;)

 

例文にすると、

  • どぶの臭いがする。←1の意味
  • 犯罪の臭いがする。←2の意味

という感じです。

 

このように「臭い」は、

あまりよろしくない”におい”に使うのが

正しい使い方です。

スポンサーリンク

「匂い」と「臭い」の違い

 

「匂い」と「臭い」のそれぞれの使い方を

説明しましたが、違いはお分かりでしょうか。

 

この2つの違いは

においの対象のものが、いい香りかあまりよくない香り

かの違いですね!

 

料理などのいい”におい”であれば「匂い」を、

ゴミなどの悪臭の”におい”であれば「臭い」を使いましょう!

 

違いが明確なものではないので難しいですが、

しっかりと使い分けましょう!

言葉の違い
スポンサーリンク
シェアしていただけるとうれしいです!
フォローしていただければ励みになります!
関連する記事と広告はこちら



役立つ・ためになる知っ得袋!

コメント