「写す」と「映す」の違いとは?写真にはどちらを使うの?

写す」と「映す」。

 

この2つの漢字は、

どちらも「うつす」と読むことができる漢字です。

 

写真を”うつす”」、「絵を”うつす”」、「地面に影を”うつす”」など、

この2つの漢字は色んな場面でよく使われますね。

 

こういう読み方が同じな漢字同士の事を、

異字同訓」と呼びます。

 

異字同訓の中には、声に出して読むと

違いが分かるもの(橋と箸など)もあるのですが、

「写す」と「映す」は読んでも違いが分かりませんよね・・・

 

あなたはこの2つの漢字の使い分けを

しっかりとすることができますか?

 

今回は「写す」と「映す」の

違い使い分けの仕方について解説します!

「写す」の正しい使い方

 

写真」や「書写」など、

様々な場面で使われる「写す」の「」。

 

うつす」という言葉を使う時は、

ほとんどこちらの「写す」を使うのではないでしょうか。

 

「写す」の正しい使い方を知るために、

漢字辞書で「写」を調べてみました!

 

するとこんな意味が載っていました。

 

  1. ありのままにうつし取る。
  2. 物の像をスクリーンやフィルムに現し出す。

これらの意味を用いて例文を作るとこんな感じです。

  • 書類を写す。←1の意味
  • 黒板の文章をノートに写す。←1の意味
  • 写真を写す。←2の意味

このように「写す」は、

字や絵をうつしとったり、画像として残す

時に使うのが、正しい使い方です。

スポンサーリンク

「映す」の正しい使い方

 

これに対し、「上映」や「映画館」などの

言葉に使われる「映す」の「」。

 

こちらも漢字辞書で調べると、

こういった意味が載っていました。

 

  1. 反射や投影などによって、物の形や姿を他の物の表面に現す。
  2. 映像をスクリーンやブラウン管などの上に現し出す。
  3. ある物事の影響を他のものに現し示す。

「映す」は、「写す」に比べると

すごく詳しく意味が載っていてビックリしました(・∀・)

 

これらの意味を用いて例文を作ると、

  • 鑑に姿を映す。←1の意味
  • スクリーンに映画が映される。←2の意味
  • 時代を映す流行語。←3の意味

このように「映す」は、

映像をうつしだしたり、物や形を他の物の表面に表す

時に油買うのが正しい使い方です!

言葉の違い
スポンサーリンク
シェアしていただけるとうれしいです!
フォローしていただければ励みになります!
関連する記事と広告はこちら



役立つ・ためになる知っ得袋!

コメント