バターとマーガリンの違いってナニ?

 

あなたは食パンに
乗せるものといえば、
何を最初に思い浮かべましたか?

ジャム、蜂蜜、チーズ・・・

様々な食品と相性がいいですが、
中でも1番合うものといえば
やはりバターではないでしょうか!

 

 

食パン以外では料理にも
多く使われているバター。

そんなバターに、
あなたはこんな経験を
した事はありませんか?

今までバターだと
思っていたものが実は
マーガリンだった!

私はまだ小学生の時に
この経験しました(-_-;)

見た目がそっくりなので、
私はこの2つを
ほぼ同一視していたのです…

 

バターとマーガリンの違い
あなたは分かりますか?

今回はその
バターとマーガリンの違いを
詳しく解説したいと思います。

 

 

バターとマーガリンの大きな3つの違い

 

この2つの違いを調べてみると、
大きく分けて3つの違いがありました。

その3つの違いがコレ!

 

  • 原材料
  • トランス脂肪酸の量
  • 使い道

 

次の章から1つずつ、
分かりやすく説明していきますね!

 

原材料

 

バターとマーガリンの原材料は、
全くの正反対と言っていいほど
違っていました。

 

まずはバター。

バターの原材料は
乳脂肪でできています。

乳脂肪とは言葉の通り
牛乳の脂肪成分ですね。

乳牛から取れる牛乳には、
乳脂肪が約20%、水分が80%で
できています。

牛乳に含まれている
乳脂肪だけを取り出して、
それに塩を加えたものを
バターと呼ぶのです!

 

バターはほとんどが
乳成分でできている為、
値段も高くなっています。

あなたもスーパーなどで
この2つの価格を比べて、
びっくりした事があるのでは
ないでしょうか。

バターの価格が高いのは、
こういった理由だったんですね。

 

対してマーガリンはああ見えて、
乳成分が全く含まれていないんです。

マーガリンの原材料は、
乳脂肪ではなく植物性の油

この植物性の油にも、
様々な種類があり、

 

  • 大豆油
  • コーン油
  • なたね油
  • パーム油

 

などがあります。

使用する油によって
固さや味の違った製品ができるのが、
マーガリンの特徴です。

植物性の油は
乳脂肪に比べると安価な為、
マーガリンも安めの値段で
売られています。

そのためバターに
こだわらなければ、
マーガリンを買う家庭が
ほとんどなのではないでしょうか。

 

しかし植物油を
多く使うことによって、
マーガリンには大きな
欠点があるのです。

それがトランス脂肪酸の存在です。

 

トランス脂肪酸の有無

 

トランス脂肪酸とは、
油脂を加工する事で
産み出される成分です。

ファストフード店のポテトに
多く含まれている事で有名ですね。

あなたも1度は名前を
聞いたことがありませんか?

これを大量に摂取してしまうと、
肥満生活習慣病
リスクが高まってしまう
可能性があるのです。

 

トランス脂肪酸は
バターとマーガリン、
どちらにも含まれています。

しかし含まれている量が
段違いなのです!

バターには乳脂肪が主な成分のため、
その脂にほんの少し
トランス脂肪酸が含まれています。

 

対してマーガリンは
トランス脂肪酸が生み出されやすい、
植物性脂が主成分です。

マーガリンのトランス脂肪酸の量は
バターの約5倍

安くて買い求めやすいのは良いですが、
摂取のしすぎには
注意しないといけませんね。

 

バターとマーガリンの画像

 

使い道

 

バターとマーガリンでは
使い道も少し違っています。

 

バターはマーガリンと比べると
風味が豊かなのが特徴。

その為クッキーやマフィンなどの
お菓子作りにピッタリなのです。

もちろんマーガリンでも、
これらのお菓子は作れます。

しかしバターと比べると、
やはい香りの良さが桁違いなのです。

バターにも欠点があります。

その欠点とは
冷蔵庫で冷やしてしまうと、
固まって使いにくくなる
というところです。

 

対してマーガリンは、
匂いがあまりなく
さっぱりしているのが特徴です。

味もバターと比べると
あっさりしています。

マーガリンはバターとは違い、
冷蔵庫で冷やしても
固くなりにくい性質があります。

その為パンやサンドイッチなど、
他の食材に塗り込む時に役立ちます。

 

逆にバターはそういった
塗り込むのには、
適していないという事です。

このようにバターとマーガリンは
姿は似ていても、
使い方は違うのです。

 

最後に

 

バターとマーガリンの違い、
お分かりいただけたでしょうか。

最後にこの2つの違いを
まとめたいと思います。

 

  • バターは乳脂肪、
    マーガリンは植物性油が原材料
  • トランス脂肪酸がマーガリンには
    多く含まれている
  • バターは風味付け、
    マーガリンは他の食材につける時に役立つ

 

言葉の違い
スポンサーリンク
シェアしていただけるとうれしいです!
フォローしていただければ励みになります!
関連する記事と広告はこちら



役立つ・ためになる知っ得袋!

コメント