言葉の違い

「追求」「追及」「追究」の違いは?使い分けを例文でわかりやすく解説

「追求」「追及」「追究」の違い

 

読みは同じでも、意味が違う漢字って多いですよね。

「追求」「追及」「追究」読みは同じ「ツイキュウ」ですが意味はどうでしょうか?

 

「原因をツイキュウする」と書いた場合「追及」「追究」どちらでも使えますよね。

使い分けのコツは漢字と類義語で考えるという二通りがあります。

 

漢字で見る場合、「求」「及」「究」の意味を理解すれば使い分けの指針になります。

また、類義語に変えてみるというのも効果的です。

 

ここではそれぞれの意味と使い分けを例文を交えて説明していきますので、最後までご覧くださいね。

 

 

「追求」の意味と使い方の例文

 

「追求」の意味は目的のために追い求めることです。

まさに漢字の通りどこまでも追いかけるというイメージですね。

 

「追求」は「利益」「理想」「目的」などを求める際に利用される言葉です。

比較的ポジティブな物が対象になることが多いですが、追い求めるという意味のため「追及」「追究」の代わりに使うこともできます。

困ったときは「追求」を使うのがいいでしょう。

 

類義語として「追い求める」「追いかける」などがあります。

 

例文

  • 利益の追求だけがすべてではない。
  • 彼は理想を追求した。

 

「追求」は「利益」などのポジティブな物を追い求める意味で使われます。

追い求めるという意味があるため「追及」「追究」の代わりとしても使えます。

 

困ったときはこれを使いましょう。

 

 

「追及」の意味と使い方の例文

 

「追及」の意味は追いかけて追いつくことです。

また、相手の責任などを責め立てたり、追い詰めることです。

 

「及」の漢字は「人」と「又(指を広げた右手のこと)」が合わさってできた漢字であり、追いかけ追いつくという意味があります。

まさに「追及」は「原因」「責任」などを追い詰めるという意味になりますね。

 

類義語として「問い詰める」や「詰め寄る」があり、そう言いかえると「追求」とは少しニュアンスが変わってきますね。

 

例文

  • 原因をどこまでも追及した。
  • 警察は彼の嘘を追及した。

 

「追及」は原因などを追い詰めることです。

 

 

「追究」の意味と使い方の例文

 

「追究」の意味は追い求めて明らかにすることです。

「究」とは「きわめること」という意味があります。

 

「追求」や「追及」よりも学術的な場で使われることが多いです。

「本質」や「真理」を追い求めて明らかにすることとして使われます。

類義語としては「探求」や「究明」があり、「追求」よりも深く調査するというイメージです。

 

例文

  • 彼は文学を追究し続けた。
  • 温暖化の原因を追究する。

 

「追究」は深く追い求め明らかにすることです。

 

「追求」「追及」「追究」の違いは?使い分けをわかりやすく

 

同じ「ツイキュウ」でも、何を対象としているかによって使い分ける必要があります。

例えば「美をツイキュウ」と書く場合「追求」「追究」どちらでも使えますよね。

 

理想的な美しさや美しい自分を目的としていた場合は「追求」を使いますが、美しさの「本質」や「真理」を求めていた場合は「追究」を使います。

 

また「事故の原因をツイキュウ」とした場合は「追及」「追究」のどちらも使うことができます。

事故の責任が誰にあるかなどを調査する場合は「追及」を、原因を明らかにするという意味で使うなら「追究」を使います。

 

漢字がそのまま

  • 「求=(求めること)」
  • 「及=(追いつくこと)」
  • 「究=(きわめること)」

という意味があるので、どういった意図でその言葉を使うのかということを考えると、自然と使い分けができますよ。

 

また、類義語に変換してみて、一番しっくり来たものを使うのもいいでしょう。

唯一「追求」は「追及」「追究」の代わりに使うことが出来るので、困ったときは「追求」を使いましょう。

-言葉の違い