言葉の違い

「こんにちは」「こんにちわ」どっちが正しい?違いと誤用される理由は?「わ」でも間違いではないの?

2017-03-22



こんにちは こんにちわ どっちが正しい

挨拶の言葉”と聞いて、あなたは最初に何を思い浮かべるでしょうか?

おそらく「こんにちは」を思い浮かべたことでしょう。

家族、友人、会社の同僚など、年齢性別問わず誰にでも気軽に使えるのが、この挨拶の特徴ですね。

日本人であれば、使わない人はいません。

しかし、この基本的な挨拶にある議論が勃発しているのです。

それが、「『こんにちは』と『こんにちわ』はどっちが正しい? 違いって何?」というもの。

FacebookやTwitterなどのSNSで、度々行われているこの議論。

10代~20代の年代の人が、SNSで「こんにちわ」を使いだしたのが発端となってるようです。

確かに声に出して読むと「こんにちわ」で間違いありません。

だからといって、文字に書き出す時に、どっちが正しいのかというと悩みどころですよね。

そこで今回は、「こんにちは」と「こんにちわ」の どちらが正しいのかを、わかりやすく解説します。

それではどうぞ!

「こんにちは」「こんにちわ」どっちが正しい?理由はなぜ?

文章にした時、正しい書き方は、「こんにちは」になります。

元々「こんにちは」は、

  •  「今日は、とても寒いですね」
  •  「今日は、ご機嫌いかがですか」

などといった、挨拶の後半部分を略した表現になります。

本来、「今日は、~」と後ろに文章が続くので、この場合の「は」は、助詞になります。

  •  「私、英語を習っています」
  •  「彼、夜遅くに帰ってきました」

などと言った場合の「は」と同じになります。

ですので、「こんにちわ」ではなく、「こんにちは」が正しい表記になるのです。

参考記事→

「は」と「わ」の違いは?使い分けのコツは助詞の理解!使い方をわかりやすく解説

「こんにちは」は「今日は」だった?語源を解説

そもそも「こんにちは」は、どういった歴史の中で生み出されたのか。

どちらが正しいのか知るために、まずは成り立ちから知っていきましょう。

そもそも「こんにちは」は、漢字にすると「今日は」と表記します。

「今日は」だと「きょうは」とも読めてしまうので、挨拶の時は平仮名表記にするんですね。

  • 『今日はご機嫌いかがですか?』
  • 『今日はお元気ですか?』

こういった日常会話が挨拶のように行われていました。

挨拶の「今日は~」の後半部分を省略して、「こんにちは」を挨拶として使うようになりました。

これが「こんにちは」の起源なのです。

「わ」ではなく「は」が正しい理由は?

語源から分かるように、「こんにちは」は「は」を使うのが正しいです。

「今日わ」なんてすごくおかしいですもんね。

そもそも国語辞典や広辞苑などの辞書には、「こんにちわ」という言葉自体が掲載されていません。

(誤用として載っている場合はあります。)

「こんにちわ」は、正しい日本語では無いため、フォーマルで使うのは控える方がいいかもしれませんね。

助詞の活用方法については、こちらでも詳しく解説しています。

よろしければ、ご覧ください。

「こんにちは」「こんにちわ」の違いは?なぜ間違われるの?

「こんにちは」と「こんにちわ」の違いは、その語源が、「今日は、ご機嫌いかがですか」といった挨拶の略語であることから、

  • 「こんにちは」は正しい表記
  • 「こんにちわ」は間違った表記

ということになります。

では、なぜ「こんにちわ」という表記が使われるのでしょう。

理由1

単純に声に出すと「こんにちわ(WA)」になるからです。

文字にする場合は、「こんにちは」になりますが、声に出す場合は「は(HA)」ではなく「わ(WA)」と発音することから、「こんにちわ」と書く人がいると考えられます。

理由2

こんにちわ」と書いても問題はなかったという事も理由の一つと言えます。

「こんにちは」が正しい表記になったのは、1986年に発表された、「国による現代仮名遣いのルール」に明示されてからになります。 

それまでは、「こんにちわ」という表記も一般的に使われていた表現でした。

理由3

若者たちの間での使用が増えた事も大きな理由になります。

若い人たちの間では、「こんにちは」といった、かしこまった挨拶をすることは多くありません。

むしろ

  • 「こんち
  • 「ちっす」
  • 「ち~」

といった、親近感があるものが多く使われます。

そのため「こんにちわ」と表記することで、堅い印象にならないようにしていると考えられます。

「わ」の使い方については、こちらでも詳しく解説しています。

参考記事→

「ゎ」と「わ」の違いはなに?使い方を詳しく解説!

挨拶の「こんにちは」「こんばんは」漢字ではどう書く?使われる時間帯はいつからいつまで?

「こんにちは」「こんばんは」漢字で、

  •  「こんにちは」 → 「今日は
  •  「こんばんは」 → 「今晩は

と書きます。

使う時間帯に明確な基準は無い場合が多く、主に「日の出・昼・日没」が目安になります。

一般的には、

  •  「こんにちは」:午前11時頃~午後5時まで
  •  「こんばんは」:午後5時頃~午前4時半まで

になります。

ちなみに、職業などによっては、時間帯が決められているものもあります。

例えば、

  •  NHKの場合
    • 「こんにちは」:午前9時~午後6時まで
    • 「こんばんは」:午後6時~午前4時半まで
  • 秘書検定の場合
    • 「こんにちは」:午前10時頃~午後6時まで
    • 「こんばんは」:午後6時~
  • 百貨店などの接客業(店舗ごとで異なる))
    • 「こんにちは」:午前11時~午後5時まで
    • 「こんばんは」:午後5時~

と、このような決まりがあります。

ビジネスメールや文書で「こんにちわ」を使うとどうなる?間違いではない可能性もある?

現代仮名遣いのルールでは、「こんにちは」が正しい表記とされています。

ですので、メールや文章で「こんにちわ」を使うことは、基本的に間違いになります。

特に、ビジネスシーンで使うような場合は、❝正しい言葉を使えない人間❞といった印象を与える可能性があるので注意が必要です。

ただし、「こんにちわ」も、使ってはいけない決まりがあるわけではありません。

特に、親しい友人や気心の知れた仲間の間で、親しみを持って使う事は問題ありませんよ。

さいごに

以上、「こんにちは」「こんにちわ」の違いについて解説してきました。

正しい表記は、「こんにちは」になりますが、「こんにちわ」も一概に間違いとは言い切れませんでしたね。

状況を見て使い分ける事が大切になるので、使う相手をよく考えて挨拶をするようにしてください。

最後にまとめると、

  • こんにちは
    • こちらが正しい。
    • 元々は「今日は」。
    • 「今日はご機嫌いかがですか。」などの文章の後の部分が省略されて生まれた。
  • こんにちわ
    • こちらは間違い。
    • 日本の辞書には「こんにちわ」の項目はない
    • 「こんにちは」を略した「ちわっす」などの挨拶によって「わ」を使うようになっていた。

ということです。

日本人なら誰でも使う基本的な挨拶である「こんにちは」。

あなたは間違えないように気を付けてくださいね!

-言葉の違い