言葉の意味

姑息とは?「ずるい」「卑怯」は間違い?正しい意味や英語、類語、語源、使い方を例文で解説



姑息とは ずるい 間違い 使い方 正しい意味

「ずるい」ことをしたり、「卑怯」なことをした人を指すときに、「姑息なことをする人」という表現を使ったことがあるかもしれませんね。

実は、これは間違った表現なんです。

本来「姑息」とは、

  • 「一時しのぎ」
  • 「その場しのぎ」

という意味であって、「ずるい」や「卑怯」といった意味は含まれていません。

ではなぜ、間違った使い方がされるようになったのでしょうか?

今回は、「姑息」の正しい意味や「ずるい」「卑怯」との違いなどについて、わかりやすく解説していきます。

意味が紛らわしい言葉を集めました!

「姑息」の意味は?間違い例と正しい使い方を例文で解説

「姑息」の本来の意味は、一時の間に合わせにすること。また、そのさま。となります。

簡単に言えば、

  • その場しのぎ
  • 一時しのぎ

と言うことになり、物事を根本的に解決するのでなく、とりあえずその場をしのぐようなときに使用する言葉なんです。

例えば、よく見る使い方で

「姑息」の誤用例

「彼は仕事の失敗を他人のせいにする姑息な人だ」

という文章があります。

この場合の「姑息」は、失敗を他人のせいにする、「ずるい」「卑怯」な人、といったニュアンスで使われています。

ですが、本来の意味から言うと、この使い方は、間違いということになります。

では、

「姑息」の例文

「彼は仕事で失敗しても、原因や対策を立てようとしない姑息な人だ」

といった文章はどうでしょう。

原因や対策を立てようとしない事は、「ずるい」い事でも「卑怯」な事でもありません。

この場合の「姑息」は、失敗しても何もせず、その場をしのごうとするような人、というニュアンスで使われています。

本来の意味からすると、このような使い方が、正しい使い方となります。

「姑息」の語源は?英語では何ていう?言い換えは?

「姑息」は、「姑」と「息」という二つの漢字で構成されています。

」には「しゅうとめ」という意味のほかに、しばらく」「とりあえずといった意味があります。

」には、「休息」という言葉にも使われているように、やすむといった意味があります。

しばらく休む」「とりあえずやすむ」と言うところから、一時しのぎ」「その場しのぎといった意味になった事が「姑息」の語源になります。

英語にする場合は、「間に合わせの」「当座しのぎの」といった意味の

  • makeshift

「間に合わせ」「穴埋め」といった意味の

  • stopgap

「その場を繕う」といった意味の

  • temporizing

などになります。

言い換える場合は、「解決策がなくその場を乗り越える」といった意味の、

  • 当座逃れ
  • 間に合わせ

などで表現できます。

また熟語で言い換える場合は、「一時的である」というニュアンスの

  • 臨時
  • 暫定

などになります。

「姑息」と「ずるい」「卑怯」との違いは?

「姑息」の本来の意味は、

  • その場しのぎ
  • 一時しのぎ

ということでした。

一方、同じ意味と思われている「ずるい」「卑怯」の意味は、それぞれ

  • 「ずるい」:自分の利益を得るために要領よく振る舞うこと
  • 「卑怯」 :勇気がなく物事に正面から取り組もうとしないこと

となります。

例えば問題が起きたとき、以下のように使い分けることができます。                

「姑息」「ずるい」「卑怯」の使い分け

 ・基本的に何もせず、うやむやにしてやり過ごそうとすること → 「姑息」

 ・他よりも自分が得をするように持っていこうとすること → 「ずるい」

 ・自分では解決できないので、人のせいにしたり押し付けようとすること → 「卑怯」

という違いがあります。

うまく使い分けてくださいね。

さいごに

以上、「姑息とは?「ずるい」「卑怯」は間違い?について解説してきました。

ちなみに、

  • 「姑息」を本来の意味の「一時しのぎ」として使っている人は15%
  • 「卑劣」「ずるい」といった意味で使っている人が70.9%

だそうです。

ここまでの使われ方なら、”「ずるい」という意味が正しい”と変化するかもしれませんね。

例えば、興奮状態を表す時に使う「鳥肌が立つ」のように、誤用で使われていたものが一般的になるパターンです。

一部では辞書にも載るようになってきています。

将来的には、「姑息」も「ずるい」「卑怯」という意味が加わるかもしれません。

ただ、分かって使うのと、分かっていないのとでは、全く違います。

あなたにおいては、正しい意味が分かった上で使い分けしていただけると、私も嬉しいです。

-言葉の意味