言葉の意味

「ゐ」「ゑ」の読み方や発音は?カタカナはどう書く?「い」「え」と意味は同じ?使い方を例文で解説



ゐ ゑ 読み方 意味 発音

老舗のお店の名前で

  •  「ゐ」
  •  「ゑ」

という字を使っているのを見かけますね。

これは、それぞれ「い」「え」と読むそうですが、それぞれの違いや使い分けはどの様になっているのでしょう?

厳密には「い」「え」と違うのでしょうか?

今回は、「ゐ」「ゑ」の読み方や発音の違いなどを、わかりやすく解説していきます。

かな遣いについての参考記事

「ゐ」「ゑ」の読み方は?カタカナはどう書く?

「ゐ」・「ゑ」の読み方は、」・「となります。

ただし、「い」・「え」は五十音図のア行の仮名になるのに対し、「ゐ」・「ゑ」はワ行の仮名になります。

由来となる漢字も

  •  「い」 → 「以」
  •  「ゐ」 → 「為」
  •  「え」 → 「衣」
  •  「ゑ」 → 「恵」

となり、読み方は同じでも別の仮名ということになります。

カタカナ表記は、」・「となります。

これも同じく読み方は、「」・「」ですが、平仮名と同じように、由来となった漢字は

  •  「イ」 → 「伊」
  •  「ヰ」 → 「井」
  •  「エ」 → 「江」
  •  「ヱ」 → 「恵」

となり、平仮名と同様、別の仮名ということになります。

では、なぜ「ゐ」・「ゑ」はあまり見かけないのでしょう?

実は、「ゐ」・「ゑ」は、歴史的仮名遣い(旧仮名遣い)と言い、今私たちが使っている、現代仮名遣いでは基本的に使われません。

現在では、省略されることが多い仮名になります。

ただし、歴史的仮名遣いを使うことが禁止されているわけではありません。

普段の文章などでは見かけませんが、固有名詞や人名などで使われることもあります。

「ゐ」「ゑ」の発音は?いつまで使われていた?

現在、「ゐ」・「ゑ」の発音は、「i(い)」・「e(え)」になりますが、元々は

  • 「ゐ」 → 「wi(うぃ)
  • 「ゑ」 → 「we(うぇ)

と発音していました。

仮名文字が出来た奈良時代には、

  •  「い」 → 「i
  •  「ゐ」 → 「wi
  •  「え」 → 「e
  •  「ゑ」 → 「we

と発音され、別の仮名として区別されていたのです。

しかし、時代が経つにつれ、次第に簡素化が進み、

  •  「wi」 → 「i」
  •  「we」 → 「e」

へと変化していき、江戸時代の終り頃には、ほぼ発音の違いがなくなりました。

「ゐ」「ゑ」はなぜ使われなくなった?

江戸後期になると、発音はほぼ、「ゐ(い)」・「ゑ(え)」に変っていました。

ただし、「音韻が変化する前の文献に基づく仮名遣いへの回帰」という考え方(つまり昔の仮名遣いに戻そうという考え方)が主張されたのです。

そういった経緯で、発音は「i」・「e」ですが、「ゐ」・「ゑ」の表記はそのまま残りました。

明治時代に入っても、古文献の仮名遣いが『小学教科書』に採用されたことで、「ゐ」・「ゑ」は、一般的にも用いられるようになりました。

しかし、昭和21年に表音式を基本とした、現代仮名遣いが公布され、現代の発音を反映した仮名遣いが採用されました。

そのため、歴史的仮名遣いである「ゐ」・「ゑ」は、全て、「い」・「え」に書き換えられ、以降一般的には使われなくなりました。

現代では「ゐ」「ゑ」はどのように使われている?

「ゐ」・「ゑ」は歴史的仮名遣いになるので、現代表記では基本的には使いません。

ただし、使用を禁止されているわけではないので、次のように使われる場合があります。

  •  ・戸籍名に使われている場合
  •  ・商店などの屋号
  •  ・あえて使っている場合

例えば、

  •  「ウヰスキー」
  •  「ヱビスビール」
  •  「よゐこ(お笑いタレント)」
  •  「ヱヴァンゲリヲン」
  •  「ヱスビー食品」

など、いずれも固有名詞になります。

さいごに

以上、「ゐ」「ゑ」の読み方や発音の違いなどを解説してきました。

現在は現代仮名遣いが使われているので、普段は「ゐ」や「ゑ」を使うことはありません。

ただ、使うことは禁じられてはいないので、インパクトを与える店名などを付ける時に、用いてみてもいいかもしれませんね。

-言葉の意味