バイク

バイクの立ちゴケ! 傷は自分で修理する?費用の値段はどれくらいかかる?



立ちゴケ 傷 修理 費用
なや美

バイクが立ちゴケして傷ついちゃった。どうしよう?

修理するのに、費用はどれくらいかかるんでしょうか?

バイクで立ちゴケをしてしまったら、修理にかかる費用が心配になりますよね?

ただの立ちゴケなのに…思った以上に修理費が高かったりします。

ですので、簡単に修理とはいかないのも分かります。

では、実際に立ちゴケしたら、

  • 傷付きやすい場所はどこ?
  • 傷の修理はする?しない?
  • 修理は自分でやった方がいい?それとも業者に頼む?

と、なかなか難しい問題になりますよね。

新人ライダーのあなたなら、直すにしてもどうすればいいか分からないでしょう。

そこで今回は、問題点に対処するにはどうすればいいかを、しっかりとお伝えしますので安心してください。

それでは、行ってみましょう!

立ちゴケ・修理の参考記事

バイクの立ちゴケ!傷つきやすいダメージ箇所はどこ?

立ちゴケをすると、傷つきやすい箇所は

  • ミラー
  • バーエンドもしくはレバー
  • ウインカー
  • ステップ・ペダル
  • (左だと)エンジンカバー
  • (右だと)マフラー

と、結構傷つく箇所が多いんですよね。

ミラーもしくはレバー、バーエンドはバイクの一番外に出ていることが多いです。

なので転倒はもちろん、立ちゴケでもダメージが一番ひどくなります。

また、ステップやペダル類も次に出っ張ってます。そこまでの損傷はないにしても、少し曲がってしまったりします。

外車だと、案外にポキッと簡単に折れてしまうので注意ですね。

バイクの立ちゴケ!傷は修理する?しない?判断のポイントは?査定に影響する?

立ちゴケの傷であっても、査定の影響を考えるなら修理しておく方が良いです。

査定以外での判断基準は、自走できるか、自走できないか、なのです。

レバーだと、根本から折れてしまって、クラッチやブレーキが握れなくなったときです。

ウインカーもそうですね。

完全に折れてしまう、折れていなくともウインカーが点灯しないといった動作不良が起きているなら交換です。

また、立ちゴケの際に、傷が入っただけなら、無理して修理する必要はないでしょう。

もし万が一、将来同じような立ちゴケをしてしまうと、同じように修理費がかかってしまいますから。

私もほとんど立ちゴケの時の傷がそのまま残ってる状態ですね。

カウルに傷が入っても、「タッチアップで対処して終わり」が多いです。

(タッチアップ:塗膜にできた小さな傷などを、その部分だけ補修塗りすることです。)

バイクの立ちゴケ!傷は自分で修理?業者に依頼?どっち?費用はどれくらい?

あなたが修理をやってみたい、出来そうと思えるのであれば、自分でやってみるのもいいかもしれません。

特にバーエンドやミラーは、簡単な工具で取り外しが可能です。

レバーも簡単に取り外しができそうだと思われがちです。

ですが、レバーにはブレーキのスイッチや、クラッチにもスイッチがついていますので、注意が必要になります。

私も初心者のころ、やってみたい気持ちでレバーを交換しようとしました。

ですが、レバー周りのスイッチをポキッと折ってしまったことがあったんです。

なので、あなたが少しでも難しそうと感じたり、工具がそもそもないのであれば、整備士に任せましょう。

  • レバーやバーエンドは、お店で修理・交換するなら、約1000円〜2500円で修理してもらえます。
  • ウインカーや簡単なステップの交換になると、約3000〜5500円程で修理してもらえます。

費用に幅があったり、大きく変わる要因は、外す部品点数によるためです。

ウインカーだと、カウルを外さない車両もあるのでどうしても、費用は高くなりがちです。

ステップも、足を置くペダル部分だけだと安くなったりしますが、ごそっと修理となると高くなります。

なので、あくまでも目安としてお考え下さいね。

さいごに

立ちゴケしてしまった場合は直すことが可能です。

また、損傷程度で走行に支障がないこともあります。

なので、走行に支障がないのであれば、そのまま放置でもOKもあり。

費用がかかりますので、無理に直さなくても良いのかもしれませんね。

しっかりと運転技術が向上してから、奇麗に直して乗るという方法もありますから。

ただ、その損傷個所の状態は、あなた自身で判断すると少し危険な場合もあります。

今は乗れてるけど、危ないよという事もあります。

なので、整備士に相談して、大丈夫かどうか判断していただきたいですね。

立ちゴケの傷は恥ずかしいことではありませんし、誰もが通る道です。

あなたが成長する過程についた傷だと思いましょう。

いつでも直すことができますからね!

-バイク