旅行・お出かけ

全国旅行支援はビジネス目的や出張で利用は可能か?ビジネスホテルは対象外?領収書の金額はいくら?



全国旅行支援 ビジネス目的 利用可能か

10月11日から順次始まっている観光需要喚起策、「全国旅行支援」キャンペーン。

国内の旅行が最大40%割引になる大変お得なキャンペーンですが、プライベートな旅行ではなく、出張などのビジネス目的での利用は可能なのでしょうか?

今回はビジネス目的での全国旅行支援キャンペーンの利用の可否や対象になるホテル、領収書の金額などについてご説明致します。

関連記事はこちら

全国旅行支援はビジネス目的や出張で利用できる?

宿泊料金が最大40%値引きされるこのキャンペーン、せっかくなら出張費などの経費を抑えるために使いたい…!と考えてしまいます。

全国旅行支援キャンペーンは、出張や会社の福利厚生利用など、ビジネス目的での利用にも適用することができます。

しかし、公立学校の教員の出張や行政の出張などの公費による出張は対象外となります。

公務員以外の一般的な職業であれば、おおよそ全国旅行支援のキャンペーンを利用することが可能、と考えて良いでしょう。

ただし、会社によっては「出張や福利厚生利用で全国旅行支援を使わないように」という通達が出ている場合もあります。

お勤め先の会社の規定を、まずは確認するようにしてくださいね。

ビジネスホテルを直接予約したら支援対象外になるの?

全国旅行支援のキャンペーンは、キャンペーンに参画しているホテルであればビジネスホテルでも利用ができます。

しかし、出張利用などで会社が法人契約をしているホテルを使う場合、ホテルのフロントへ電話をしたり、ホテルの公式ホームページから専用ページを経由するなど、直接予約を取る必要があります。

そういったケースで全国旅行支援のキャンペーンを使用する際は、ホテル側に直接キャンペーンを利用する旨を伝えるようにしてください。

スタッフから利用上の注意などが伝えられた上で、ホテル側で割引やクーポンの用意をしてくれます。

ホテル側で準備をしていただくことになるので、できればチェックインの前日など、前もってお伝えするようにしてくださいね。

当日チェックイン時にいきなり「キャンペーンを使いたい」と伝えても、ホテルのシステムや都道府県ごとの条件によっては、変更ができない場合がありますので、注意が必要です。

領収書の金額はいくらになる?適用前、適用後のどっち?

出張などのビジネス利用で宿泊施設を予約する場合、領収書を発行してもらうように言われることがありますよね。

全国旅行支援のキャンペーンを利用して、宿泊料金の割引が入っている場合、領収書の金額は「割引適用後の金額」で発行されます。

ただし、ホテルや予約サイトで発行される領収書の仕様によっては「宿泊料金◯◯円・全国旅行支援割引◯◯円」などといった詳細な金額が表記される場合もあります。(予約サイト経由の場合は「ポイント利用◯◯円」の表記になる場合もあり)

「そういう詳細はなくていいから、支払った金額分だけで領収書を作ってほしい」という時は、ホテルのフロントや予約サイト上で申し出るようにしてくださいね。

ちなみに、ホテルでの現地決済の場合はホテルで、予約サイト上でクレジットカード決済を行った場合は予約サイト上で領収書の発行が可能です。

領収書は会社名で発行できる?

全国旅行支援のキャンペーンは、ビジネスでの利用の制限が特に設けられていないため、会社名でも領収書の発行が可能です。

ホテルで支払いをした場合はホテルで、クレジットカードを使って予約サイト上でオンライン決済を行っている場合は予約サイト上で、領収書の発行を行います。

発行してもらうときに「会社名で発行」をお願いしてくださいね。

さいごに

せっかくのお得なキャンペーンですから、会社で発生する経費を抑えるために使いたいこともあるでしょう。

会社によってはキャンペーンの利用に制限がある場合もあります。

まずはご自身がお勤めの会社で、規定がないか確認をしてから予約を取るようにしてくださいね。

-旅行・お出かけ