バイク

バイク査定に必要なものは?買取や売る時に準備するものとの違いは?手続き方法をわかりやすく解説

バイク査定 必要なもの
はてニャ

今後のステップアップのために、今乗ってる125ccのバイクを売りたいです。

バイクの査定ってどうすればいいんですか?

大丈夫です、バイクを査定してもらうことは決して難しくないです。

これからわかりやすく説明するね。

はなまる

バイク査定には何が必要で、バイクはどのような状態にしておけばいいのかは、初めてのあなたにとって、未知の世界だと思います。

そこで今回は、バイク査定をするにあたり、

  • バイクの査定に必要なものと、準備しておきたいもの
  • 実際にバイクを査定してもらう時の手順
  • バイクの査定と買取はどう違うの?
  • バイクの査定が上手くいくコツ

この4点をお伝えします。

これらのポイントを知ることで、実際に行動するときにあたふたせずに準備ができるはずです。

では、早速いってみましょう!

バイク査定に必要なものは?事前に準備しておきたいものやデータは?

少し質問ですがバイクを査定してもらう時、あなた自身で準備しておかないといけないものは何だと思いますか?

  • バイクの書類(自賠責保険証やら登録証)
  • 本人確認のための書類
  • 印鑑

などあなたは色々と考えたと思います。

では、実際に必要なものは…

査定してもらうバイク以外は何もいりません。

え?査定するのに?と思われるでしょう。

後の項目でしっかりお伝えしますが、査定だけしてもらうという点だけでいうと、必要なものはバイク以外は要らないんです。

ですが、事前に準備しておきたいものやデータはいくつかあります。

それは

  • バイクの買取相場
  • バイクを査定してもらう業者の買取実績
  • バイクの整備記録簿
  • カスタムしている場合、純正パーツや中古パーツ

この4項目です。

売りたいバイクの買取相場や業者の実績は、あなたの売ろうとしているバイクの買取価格に直結してくる事にもなってきますので、ぜひ知っておくほうがいいでしょう。

また、バイクの整備記録簿や純正パーツや中古パーツも、査定する際には用意しておくといいですね。

査定する際に業者が見るところは

  • バイクが奇麗かどうか
  • バイクの調子が良好か
  • カスタムされていても、純正に戻すことが出来るかどうか
  • こまめに整備されているかどうか

この項目を見られます。

買い取り業者も、あなたのバイクを買い取った際に、しっかりとメンテナンスされてる車両だと安心して次の販売ができるからです。

バイク査定の手順は?初心者向けにわかりやすく解説

バイクの査定の手順ですが、基本的な手順・流れとして

  • 数あるバイク買取業者やバイク販売店を選ぶ。
  • 選んだ業者にバイクの査定を依頼する
  • お店であれば持ち込みをしてその日に査定してもらうか、出張査定を依頼した業者と査定日時や場所をすり合わせていく
  • 査定金額に納得いくお店や買取業者があれば、実際に買取してもらう。

ざっくりとしてますが、こんな感じの流れになります。

査定のみでしたら、先程お伝えした通り何もいりません。

しかし、そのままの流れで買取もしてもらう事が大半だと思います。

なので、査定の時いろんな書類が必要と思ってしまうのですね。

では、査定から買取の一連の流れをしていくにあたって必要なものですが

  • 身分を確認できるもの
  • バイクの書類一式
  • バイクに関するオーナーズマニュアルやパーツ類
  • 印鑑

を用意して査定をしてもらうようにしましょう。

バイク査定とバイク買取の違いは?必要なものや書類が違うの?

査定とは、「あなたが所有しているバイクをお金に換算すると、どれくらいの価値があるかを業者が値付けすること」です。

では、買取は「その査定をして値付けをしたバイクを、実際に業者がお金を出してそのバイクを買うこと」という事になります。

なので、バイクを業者に買取してもらう時に必要になってくるものは、登録に必要な書類や身分証です。

ここが査定との違いでもありますね。

また、査定では色んな買取業者に査定依頼をかけることが可能です。

そうすることで、あなたのバイクを一番高く査定してもらえる業者を見つけることが出来ます。

よくラジオとかでも一括査定のCMが流れているのを、あなたも耳にしたことがあると思います。

しかし、実際に買取しますということになると、

  • 業者にバイクを売りますよ
  • 業者はバイクを買いますよ

という契約を交わします。

ですので、買取は1社としかできません。

当たり前のことですね。

バイク査定が上手くいくコツ3つ!

あなたはもうバイクを売りたいと思って、この記事を読んでいるはずです。

なので、ここの項目は凄く気になるところですよね!

では、査定が上手くいくコツを3つお伝えします。

コツ1:バイクはきれいにしておこう!

1つ目は、バイクを綺麗にしておくことです。

傷まみれのカウルを新品に交換するとか、傷をタッチアップするといった大掛かりなことではありません。

洗車やワックスをかけてホコリやゴミを落として綺麗にしておくことですね。

タイミングとしては査定前でも構いませんので、行っておくと良い印象を与えることが出来ますよ。

コツ2:過去に外した純正パーツを残しておくこと

2つ目は前の項目でも何回も出てきていますが、外した純正パーツを残しておくことですね。

カスタムしてしまっていても、外した純正パーツがあれば、査定が上手く進むことが多いです。

売り出す際にカスタムしたままだと、あなたの色が出てしまっているためです。

カスタムしたままよりも、純正で販売した方が業者としても売れやすいからです。

コツ3:残しておいた整備記録を添付する

3つ目は、残しておいた整備記録をつけておくという事です。

私自身も整備記録は残していますが、これが良い方向に向いたりしますね。

やはり業者も整備がされているかどうかは気になります。

しっかりと整備されているバイクであれば、買取した後で整備を行う項目が少ないので喜ばれます。

ショップや用品店での整備記録はないけど、自身でつけてるよというのでもOKです。

乗りっぱなしではないですよ!というアピールが査定が上手くいくコツですね。

この三つを押さえていれば、大体の査定は上手くいくでしょう。

私がうまく行った査定業者がこちらです。

バイク売るなら高価買取の【バイク館へ】/東証一部上場YellowHatグループ

【バイク査定に必要なもの】のさいごに

愛車を査定してもらって実際に買い取ってもらうのですから、今まで大切にしてきたという価値をしっかりと見出せるようにしましょう。

そうすれば、次の新しいバイクを迎えることができますからね。

私も4〜5台乗り継いでますが、査定買取してもらう際は、気持ちよく送り出せるように、出来る限り手入れをしています。

査定が高いのは必要ですが、新しいオーナーに大切に乗ってもらいたいですからね。

気持ちよく査定買取をしてもらい、新しくバイクを買って更に楽しいバイクライフを過ごしてもらえると嬉しいです。

人気記事ランキング!

-バイク