バイク

バイク初心者女性が立ちゴケしたら落ち込む?しそうになったらどうする?対処法をわかりやすく



バイク 初心者 立ちゴケ
なや美

できるなら大型のバイク乗りたい!

でも、立ちゴケが怖いです。

こんな私でも大丈夫でしょうか?

あなたのお気持ち、すごくわかります。

私は男性ですが、立ちゴケは怖かったです。

バイク初心者のあなたなら、なおさらですよね?

立ちゴケで、バイクのあちこちに傷が付いちゃう、一人で起こせないかも、なんて心配でしょう。

安心してください、バイクは倒してなんぼの乗り物です!(最初のうちは)

と、お伝えしても、出来るなら倒したくないですよね(笑)

そこで今回は、

  • 立ちゴケしそうになったら
  • 立ちゴケをしてしまった
  • そもそも立ちゴケになる原因とは?

を、わかりやすくお伝えしていきます。

最後まで読んでいただければ、立ちゴケに関しては、心配しなくてもよくなりますよ。

それでは、行ってみましょう!

バイクを査定したい時は

初心者女性が立ちゴケしたら落ち込む?対処法は?

立ちゴケしたら、みんな当然落ち込みますよ。

私もバイクに乗ってる歴は長いですが、今でも立ちゴケをしたら、すごく落ち込みます。

さらに、なぜこんな何もないところで、立ちゴケしたんだって後悔もします。

では、気をつけていても、立ちゴケを万が一してしまった場合、どうすれば良いでしょうか?

対処法は次の通りです。

  • 倒れてしまったバイクを起こして、脇に寄せる
  • 体に支障がないかを確認
  • バイクの損傷程度を確認
  • 自走できそうにもなければレッカー

と、こんな感じですね。

もし、バイクを起こすことが出来なければ、周りに助けを求めましょう。

その時に、「恥ずかしくないの?」とあなたは思われるかもしれません。

でも、バイクを起こせないまま、道端で立ち往生する方が恥ずかしいと思いませんか?

それに、その状況が続くと、危険です。

恥ずかしがらずに、バイクを起こして避難することを最優先しましょう!

私も大型に乗っているときに、立ちゴケは何回かしました。

その際に、どうしてもバイクを起こせない状況だったこともあります。

その時は、通りかかった人や、後ろの車の運転手に助けを求めたりしました。

恥ずかしがっていると、一人で何とかしないと!と思いがちです。

でも、そんなことはないので、思い切って助けてもらいましょう。

また、立ちゴケをしないようにするには、次のポイントを意識してください。

立ちゴケ予防法!

  • 停止時は両足をつく
  • 必ずN(ニュートラル)に入れて停車する
  • 長く停車する場合は、サイドスタンドを出しておく

サイドスタンドを出しておくと、ちょっと気が抜けたときに助かります。

ただし、スタンドが出てることも、忘れてしまいがちになるので注意ですね。

ベストな方法は、必ずNに入れて、なおかつ両足を着くことです。

なぜバイクが立ちゴケする?原因は?

立ちゴケをする原因はいくつかあります。

  • ギアを入れた状態でクラッチレバーを握ったまま停止している
  • サイドスタンドを出したと思い込んでしまっている
  • 長時間のストップ&ゴーで身体の動きが重くなる

上の項目の1番と2番が、かなりの頻度で立ちゴケする原因になってきますね。

交差点の信号では、もうすぐ青になるって分かるときがありますよね。

そんな時、わざわざNにして停止するよりも、そのままギアを入れた状態の方がすぐに発進できます。

しかし、青にならなかったとき、本来であれば、Nにして停止しますよね。

そして、レバーを離すのが動作に付いてると思います。

「まぁ、いっか」で、ギアに入れたままの事をすっかり忘れてしまい、レバーを離してしまうんですよね。

これで、立ちゴケする流れができてしまいます。

サイドスタンドも、ギアの入れたままの状態と同じですね。

身体の動きが重くなる、これは疲れからです。

渋滞なんかだと、ストップ&ゴーの繰り返しになります。

レバーの操作がどんどん大雑把になってくるんですよ。

そうなると、ふとしたときに雑なクラッチ操作を行ってしまい、立ちゴケに繋がってしまいます。

このように、バイクは自転車と同じで自立しません。

ですので、しっかりとルール(ルーティン)決めをして、あなたがバイクを支えてあげましょう。

立ちゴケしそうになったらどうする?対処法は?

立ちゴケしそうになったら、まずは全力で倒れそうになるのを、なんとか踏ん張ることです。

角度がついていなければ、それだけで立ちゴケしそうだったで済みます。

私も結構これで、立ちゴケしなくて済んだ経験が山ほどあります。

しかし、もう角度がついてしまい、どうしようもなくなる場面があると思います。

その場合は怪我しないためにも、断腸の思いで倒してしまいましょう。

あなたが怪我をしてしまったら、元も子もありませんから。

さいごに

立ちゴケは、初心者のあなたはもちろん、私のように歴が長くなっても起きてしまうものです。

ただ、キャリアにかかわらず、少し気を付けていれば回避できるのも確かです。

信号がもう青になるから、ギアを入れっぱなしにしたり、サイドスタンドがしっかり出てるか確認だったり。

立ちゴケをした後で考えると、どれも原因は小さいことだったと思うのです。

そうならないためにも、意識してバイクに乗って貰えると、これからは立ちゴケの恐怖はなくなるはずですよ。

-バイク