介護 介護技術

【介護】洗髪のやり方をわかりやすく!準備する洗髪セットは?介助時のポイントを解説

介護 洗髪 やり方
なや美

利用者さんの髪を洗ってあげたいんです。

入浴時ならば、出来るけど・・・

部屋で、ましてやベッド上では、どうやって洗髪したらいいのでしょうか?

たしかに、ベッド上での洗髪は難しそうですよね。

わかります。

私も最初は、洗髪=入浴介助の一環だと思っていました。

でも大丈夫です!部屋でも、更にベッドでも、洗髪はできるのです。

あなたもこれからお話しすることを聞いていただければ、洗髪の方法について理解できますよ。

また、ベッド上でも可能だから、寝たきりの方に対しても洗髪介助ができ、利用者さんの清潔が保てます。

どの利用者さんにだって、清潔でいてほしいですよね?

では、洗髪のやり方について、準備物や便利グッズ・方法など順を追ってお話ししていきますね。

介助の参考記事

洗髪介助のやり方!準備するものは?

ベッド上での洗髪。

準備する物と便利に使えるグッズは以下の通りです。

洗髪介助に用意するものと便利グッズ

  • フェイスタオル数枚とバスタオル
  • 洗面容器かバケツ
  • くし
  • シャンプーやリンス
  • お湯(38℃~40℃)の入った大きめのペットボトル
  • ドライヤー
  • バスタオル
  • ビニールシート
  • ケリーパッド(洗髪器)

ここで、便利グッズである、ケリーパッドに関して説明しますね。

ケリーパッドとは、簡易的な洗髪器です。

作り方は以下の通りです。

ケリーパッドの作り方

  • 2枚重ねたバスタオルを巻き、棒状にします
  • 1で作ったものをU字に曲げ、大きなビニール袋に入れます。
  • ビニール袋の空気を抜き、両端を洗濯ばさみで止めて完成です。

ケリーパッドは通販でも購入できるので、便利です。

洗髪介助の手順は?

洗髪介助の手順は以下の通りです。

洗髪介助のやり方手順

  • 頭をベッド手前によせて、低い位置になるようにクッションなどを使い調整します。
  • 頭の周りにバスタオルとビニールシートを敷きます
  • 首筋や胸が濡れないように、フェイスタオルをかけます
  • ケリーパッドを頭の下に当てます。
    • この際に、U字の隙間の部分を洗面容器かバケツの中に入れます
  • 髪を軽く整え、頭皮をお湯で洗います
  • シャンプー・リンスをつけて洗います
  • タオルで泡をふき取ってからお湯ですすぎます
  • 片手で利用者さんの頭を支え、もう片手でケリーパッドを外します
  • 頭をゆっくりバスタオルの上におろします
  • 乾いたタオルで髪の水気を取ります
  • 利用者さんの顔を保護しながら、ドライヤーで髪を乾かします

洗髪介助における注意点は?

洗髪介助における注意点は以下の通りです。

洗髪介助時の注意点

  • 洗髪の際には爪を立てず、指の腹で行う
  • 頭をむやみに動かさない
  • 室温は20~25℃にしておく

それぞれについて説明しますね。

注意点1:洗髪の際には爪を立てず、指の腹で行う

洗髪の際には必ず指の腹で洗いましょう。

なぜなら、爪を立てて洗ってしまうと、頭皮を傷つけてしまう恐れがあるからです。

そうでなくても、爪を建てられた側は痛いですよね。

また指の腹で洗うことにより、頭皮マッサージ効果も期待できます。

よって洗髪の際には指の腹で洗うことを心がけてください。

注意点2:頭をむやみに動かさない

頭をむやみに動かしてはいけません。

むやみに動かしてしまうと、めまいがする恐れがあります。

あったかいお湯を使って頭を洗うため、浴槽とでするのと同じような状態になります。

そんな中、頭を揺らすことをイメージすると分かりやすいでしょう。

そんなことをしたら、のぼせてしまいますよね。

よって、頭はむやみに動かさないようにしましょう。

注意点3:室温は20~25℃にしておく

洗髪する際にも、室温には気を付けておきましょう。

お湯を使うから、多少寒くても大丈夫かな、と思うかもしれません。

しかし、お湯が覚めると、洗髪されている側は寒気を感じます。

ましてや利用者さんならば、それが原因で体調を崩す恐れがあります。

よって、室温は20~25℃にしておきましょう。

さいごに

清潔保持や感染症予防の観点から、洗髪は非常に重要です。

可能ならば入浴介助するのが良いのですが、難しいこともあるでしょう。

そんな時には寝たきりでも可能な洗髪介助をしてあげましょう。

寝たままの洗髪介助ならば、入浴介助に比べて利用者さんの負担も軽減されます。

最低でも適度な間隔で洗髪介助を施し、利用者さんに気持ちよさを与えてあげてくださいね。

-介護, 介護技術