「痛む」と「傷む」の違いとは?頭にはどっちを使う?

言葉の違い

痛む」と「傷む」。

 

この2つの漢字は、どちらも「いたむ」と

読むことができる漢字です。

 

りんごが”いたむ”」、「怪我したところが”いたむ”」、「髪が”いたむ”」など、

色んな時に使われますね。

 

こういう漢字は違うけれども、

読み方が同じな漢字のことを「異字同訓」と言います。

 

異字同訓の中には、声に出して読むと

違いが分かるもの(雨や飴など)もあるのですが、

痛む」と「傷む」は声に出しても

違いが分かりませんよね・・・

 

あなたは、この2つの漢字の使い分けを

しっかりとすることができますか?

 

今回は「痛む」と「傷む」の、

違いと使い分けについて解説していきます!

「痛む」の正しい使い方

 

傷む 痛む 違い

 

頭痛」や「痛覚」などの

熟語にも使われる「痛む」の「」。

 

文字の使われ方からして、

物理的な痛みに関して使われそうです。

 

「痛む」の正しい使い方を知るために、

漢字辞書で意味を調べてみました。

 

  1. 病気や傷などのために、からだに痛みを覚える
  2. 心に痛いほどの悲しみや苦しみを感じる
  3. 金銭に関して痛手をこうむる

このように「痛む」は、

病気や怪我などで起こる体のいたみ

の事をさすのです!

 

例文にすると、

  • 脚の怪我が痛む。←1の意味
  • 風邪で頭が痛む。←1の意味
  • 遺族の事を思うと胸が痛む。←2の意味

「痛む」は、心や身体の痛みに対して

使うのが正しい使い方です。

 

「傷む」の正しい使い方

 

これに対して、「切り傷」や「殺傷」などの

言葉に使われる「傷む」の「」。

 

こちらも「痛む」と同じように、

怪我をしてる時に使いそうな感じがしますね。

 

こちらも正しい使い方を知るために、

漢字辞書で調べてみました。

 

  1. 器物・建物などが、傷ついたり損なわれたりする。
  2. 食物が傷ついたり腐ったりして悪くなる。

「傷む」は「痛む」と比べると、

少し違った意味を持ってますね。

 

「傷む」の正しい使い方を説明すると、

食べ物や器物などが傷ついた」時に使うのが、

正しい使い方です。

例文にすると、

  • 靴が傷む。←1の意味
  • 昔に買った本が傷む。←1の意味
  • 買ったリンゴが傷む。←2の意味

「傷む」は「物が腐ったり傷ついた」時に、

使うようにしましょう。

スポンサーリンク

「痛む」と「傷む」の違い

 

この2つの正しい使い方と意味について調べてみましたが、

この2つの違いについては理解できましたか?

 

もうお分かりの人もいるでしょうが、

最後にこの2つの違いについてまとめていきます。

 

この2つの違いは、

いたんだ物が物体か自分の身体か」の違いですね!

 

自分の体の一部が痛くなったら「痛む」

物がいたんだら「傷む」を使うのが正しい使い方です!

 

この違いを覚えて、「痛む」と「傷む」の違いを

しっかり使い分けるようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました