介護

特養?老人ホーム?寝たきりの高齢者が介護施設を利用する場合の費用はいくら?



介護施設 寝たきり 費用

 

「特養?老人ホーム?何が違うの?」

おじいちゃんが寝たきりになって、いよいよ介護施設を考えないといけない段階になりました。

施設となると、当然月々の出費も考えないといけませんね。

 

でも一概に介護施設って言っても、いろいろな種類があります。

今まで介護施設のことなんて、あなたは考えたこともないので、どの介護施設を選べばいいのかわからないのも当然ですよ。

でも大丈夫です!

 

今回は寝たきり(要介護5)の方が施設を利用するにあたり、実際にかかる費用がいくらなのかを中心に、わかりやすくお話しします。

 

数ある種類の中から、どの施設を選べばいいのかの参考にしてくださいね。

 

 

寝たきり(要介護5)の方が施設を利用する場合にかかる費用はいくら?

 

では、寝たきりの方が以下の施設を利用するとなった場合、どのくらい費用が掛かるか、おおよその金額をお話しします。

  • 特別養護老人ホーム(特養)
  • 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
  • 介護老人保健施設(老健)
  • 介護付き有料老人ホーム

それぞれを詳しく説明しますね。

 

特別養護老人ホーム(特養)の費用は?

 

特別養護老人ホーム(特養)は国からの補助を受けられる公的施設です。

その為に介護保険を利用でき、他の施設に比べて比較的安価に利用できます。

 

特養の多床室を利用した場合には、一ケ月当たり、以下の費用がかかります。

 

施設介護サービス費

 

2万5410円

 

この費用は、食事や入浴の介助、レクリエーション等受けたサービスに対する対価として支払います。

 

居住費

 

2万5650円

 

居室を利用するにあたって必要な家賃を示します。

 

食費

 

4万1760円

 

日常生活費

 

約1万円

 

合計

 

約10万2820円

※特養には入居時一時金がかかりません。

 

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)の費用は?

 

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)は認知症の方のみが入居できる施設です。

介護施設ですが、家事等は入居者が協力して行うことが特徴です。

 

グループホームを利用した場合、以下の費用がかかります。

 

入所時一時金

0円~数百万円

 

居住費(一ケ月)

3万円から約10万円

 

食費(一ケ月)

5万円前後

 

雑費(一ケ月)

2万5千円~4万5千円

この中には共益費や光熱費などが含まれます。

 

介護サービス費(一ケ月)

約2万5千円

介護スタッフの専門的ケアにかかる費用です。

 

合計(一ケ月)

13万円~22万円

 

 

介護老人保健施設(老健)の費用は?

 

介護老人保健施設(老健)は、リハビリを通じて社会復帰を目指す施設です。

位置的には、自宅と病院の間にあたる施設です。

 

入所期間は原則3ケ月とされ、長期で利用する施設ではありません。

退所後のプランを考えておく必要があります。

 

老健を利用する場合には、介護保険の利用者負担段階を利用できます。

老健を利用した場合には、以下の費用(利用者負担段階が第二段階で、多床室利用、一ケ月あたり)がかかります。

 

居住費

1万1000円

 

食費

1万1700円

 

日常生活費

洗濯や娯楽などの為人それぞれ

 

介護サービス費

3万90円

 

合計

5万2790円+日常生活費

 

 

介護付き有料老人ホームの費用は?

 

介護付き有料老人ホームとは、介護等のサービスのついた高齢者向けの居住施設です。

 

また、特定施設入居者生活介護の認可を受けた施設で、看護職員が日中常駐していたり、要介護者3人に対して、1人以上の介護職員または看護師を配置しています。

 

介護付き有料老人ホームを利用した場合には、以下の費用がかかります。

 

入居一時金

0円~数千万円

 

生活費(居住費・食費・管理費・水道光熱費、一ケ月)

10~30万円

 

介護サービス費

2万4120円

 

その他費用(オムツ等消耗品・レクリエーション費・医療費など)

必要に応じて

 

合計(一ケ月)

12万4120円~32万4120+その他費用

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

紹介していない施設の種類もいくつかありますが、要介護5の方が比較的利用する、代表的な施設をあげてみました。

 

公的施設か民間施設かによって、費用は大きく変わってきます。

また、サービスの内容によっても変わってきますので、ご注意ください。

 

介護施設の価格を抑えようとすれば、公的施設を利用すれば安くはなります。

しかし、待ち時間が長いという代償もあります。

 

各施設によって、サービス内容は異なります。

施設の案内書類やホームページをしっかりご確認いただき、どのようサービスを受けたいか、よく考えたうえでご利用ください。

可能ならば、費用の安さだけで選ぶような事はなさらないでください。

 

あなたにとっても御家族様にとっても、有意義な生活を送れる施設を選べるよう願っています。

スポンサーリンク

-介護