介護

介護の人手不足って嘘?現場の実態を現役介護福祉士が告白します

介護人手不足は嘘

「介護業界ってきついからどうせ人手不足でしょうね」

そんな介護業界なので、あなたがどこに面接に行っても、まずまず内定をいただけるんでしょうか?

それとも、実は他業種同様、何社も面接に行って初めて内定が出るくらい厳しいのか?

「介護業界は人手不足」と噂されているけど、実態はどうなのか。

そんな疑問に現役介護福祉士である私がお答えします。

 

介護業界の人手不足は本当なの?

 

結論から言いますと、本当です。

現在、日本は少子高齢化社会に突入しています。

高齢者の割合がおよそ十人に三人だとされています。

 

しかも、この数はどんどん増えていく。

もちろん元気な方もたくさんいますが、介護が必要な方も多くなる。

そしてこれからも介護を要する人数は増え続けていくことでしょう。

一方、介護従事者が増えていないかというとそうではありません。

介護従事者が慢性的に足りないため、日本政府は外国人労働者の雇用を進めています。

その例としてEPA(経済連携協定)や技能実習制度を導入しています。

日本人だけでなく、外国人労働者を採用することにより、介護従事者の母数自体は徐々に増えているのです。

 

介護業界はなぜ人手不足?

 

介護業界が人手不足になりやすい要因の一つに、ネガティブなイメージの存在が挙げられます。

 

介護は通称3K(きつい・汚い・危険)と言われ、疎まれます。

介護は全く知らない人から見れば、高齢者をベッドや車椅子に動かせて差し上げるようなきつい仕事もあります。

また、高齢者の汚物を触る汚い事もあります。

更に、高齢者からの罵詈雑言を受けることもあります。

高齢者を動かす際に腰を痛める危険性もある仕事でもあります。

 

また、介護職というのは他職種よりも賃金が少ない傾向にあります。

なぜなら、介護という仕事に専門性が認知されにくく、評価されにくい傾向にあるからです。

 

介護と聞くと、世間的には高齢者の身の回りのお世話をするだけの仕事と思われがちです。

実際、高齢者の方の食事や入浴など日常のお世話をすることが主となっています。

知らない方々からすれば、そのようなことは誰にだってできる、簡単な仕事にしか見えません。

そんな仕事には専門性が必要ないとされ、低賃金になっているのだと私は考えます。

 

ただこんな業界ではありますが、デメリットは当然ながら、メリットもたくさんあるんですよ。

 

介護業界で働くメリットとデメリットは?

 

まず、メリットについてお話します。

 

一つ目に、介護業界の門戸がしっかり開けていることが挙げられます。

介護のお仕事に年齢性別の制限は基本ありません。

この業界には若い人もたくさんいますが、私の周りには70歳以上の職員も多数いらっしゃいます。

 

介護に必要なのは体力も挙げられますが、相手の方を思いやる心が重要だと私は考えます。

そんな心さえあれば、年齢や性別なんて関係ないのではないでしょうか。

 

二つ目に、キャリアアップが簡単なことが挙げられます。

介護業界は現在、介護福祉士を軸に一本化されております。

未経験の方でも介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士というふうに、資格を取ることによって、どんどんキャリアと給料の上昇を目指しやすくなっております。

 

三つめが、仕事のやりがいです。

介護は人と人とのコミュニケーションが必要不可欠で、相手の困っていることを介助することが仕事です。

足が不自由で歩行が困難な方に手引き歩行してあげたり、手が動きづらいために食事ができかねる方に食べさせてあげたり、何気ない事が仕事です。

 

私たちにとってはただの仕事と思われるかもしれませんが、高齢者からしたら、感謝極まりないといった反応を多々見せてくださいます。

 

そんなやりがいを感じることが一番のメリットではないかと考えます。

 

一方当然デメリットもあります。

人手不足の原因に直結しますが、業務のわりに給料が少ない点です。

 

他業種に比べ給料は安く、介助途中で自身が怪我をすることや、逆に高齢者に怪我をさせてしまうリスクもあります。

高齢者を車椅子に移譲する際、足が車椅子に手足が引っ掛かったために怪我をさせてしまったとか、力だけで動かそうとして腰を痛めたということは多々あります。

そういうリスクを背負うものの給料が安いのが、この業界につくことのデメリットです。

 

まとめ

 

介護業界というのは、現在の社会情勢やネガティブなイメージによって、慢性的な人材不足になっています。

しかし、実際にこの業界に足を踏み入れてもらえれば、良いところも多数見えてくる業界なのです。

介護という業界は今後、ますます必要とされる業界だと私は考えます。

 

人と人との触れ合いに重きを置いたこの業界に、あなたも一歩足を踏み入れてみませんか。

人気記事ランキング!

-介護