言葉の違い

「奪回」「奪還」「奪取」の違いは?英語では意味が違う?使い分けを例文で解説!



奪回 奪還 奪取 違い

取られた宝物を取り返した時や、元チャンピオンが王座に返り咲いたときなど、

  • 「奪回」
  • 「奪還」

という表現をします。

また、強盗などに金品を奪われたときに使う言葉に、「奪取」という表現があります。

それぞれ似た言葉ですが、具体的にはどの様な意味や使い方があるのでしょう?

今回は、「奪回」「奪還」「奪取」の違いや使い方などを、わかりやすく解説していきます。

ちなみに今回のように、使い方の紛らわしい言葉は、ほかにもたくさんあります。

こちらの記事で特集していますので、使い分けができるかどうか、ぜひ挑戦してみてくださいね。

知識を深めよう!

「奪回」の意味は?英語では何ていう?言い換えは?使い方を例文で解説

「奪回」の意味は、奪われたものを取り戻すこと、奪い返すことです。

「回」という漢字には、「まわる、めぐる」という意味のほかに、もとに戻す、かえるという意味があるのです。

「うばう」だけでなく、取り戻すという意味が加わるのが、「奪回」になります。

ですので、

奪回の例文

  • 昨年は準優勝だったので、今年は優勝旗を奪回するぞ」
  • 奪われた政権奪回を目指し再挙を図る」

このように、そのものを、以前保持していたという事が必要になります。

言い換える場合は、その意味のまま、

  • 取り返す
  • 取り戻す

などになります。

英語にする場合も、

  • recapture」(奪い返す)(取り戻す)
  • retake」(再び取る)(取り戻す)
  • recover」(取り戻す)(回収する)

などのようになります。

「奪還」の意味は?英語では何ていう?言い換えは?使い方を例文で解説

「奪還」の意味も、奪われたものを取り戻すこと、奪い返すことです。

「還」という字も「回」と同様に、もとの場所、状態に戻る、かえるという意味があります。

つまり「奪還」も「奪回」と同じ意味になります。

ですので、

奪還の例文

「昨年は準優勝だったので、今年は優勝旗を奪回するぞ」

  → 昨年は準優勝だったので、今年は優勝旗を奪還するぞ」

 「奪われた政権奪回を目指し再挙を図る」

  → 「奪われた政権奪還を目指し再挙を図る」

と、言い変えても意味は同じになるので、どちらを使っても問題ないと言えます。

「奪取」の意味は?英語では何ていう?言い換えは?使い方を例文で解説

「奪取」は、奪い取ること、力ずくで取ることという意味になります。

奪取の例文

  • 「窃盗団が数千万の宝飾品や貴金属を奪取して逃走した」
  • 「政権を奪取するには手段を選んでいられない」

このように、他人の物を無理やり(強制的に)奪い取るといった場合に用います。

ですので、言い換える場合も

  • 強奪(暴力や脅迫などで強引に奪い取る)」
  • 略奪(暴力的に奪い取って自分のものにする)」

などになります。

英語にする場合は、

  • capture」(捕らえる)(ぶんどる)
  • seize」(強奪する)(差し押さえる)

などになります。

「奪回」「奪還」「奪取」の違いと使い分け方は?

「奪回」「奪還」「奪取」は、どれも、欲したものを手中にすることです。

大きな違いは、

  • 取られたものを取り返すのか?
  • 人のものを奪い取るか?

になります。

例えば、政治の世界で、以前与党だった党が返り咲いて政権を取った場合は、政権を奪回(奪還)したという使い方になります。

逆に、野党だった党が初めて政権を取った時は、政権を奪取したのように使います。

尚、「奪回」と「奪還」は意味も使い方も同じになるので、例文はどちらを使っても問題ありません。

さいごに

以上、「奪回」「奪還」「奪取」の違いや使い方などを解説してきました。

どれも、自分の欲したものを手に入れたときに使う表現です。

しかし、

  • もともと自分のところにあったものを取り返す場合
  • 他人のものを無理やり奪い取る場合

これらの違いによって、使い方が変わります。

状況に応じて使い分けるようにしてください。

-言葉の違い