介護 入浴介助

入浴介助の手荒れ!手袋はする?水が入るからしない?対策と必要性を解説

入浴介助 手荒れ 対策
なや美

入浴介助ってお湯を使うし、すぐに手が荒れてしまいます。

でも、手袋をしても、水が溜まってしまうからしたくないんです。

私も以前、入浴介助をし初めの頃には、手荒れ対策はどうしようか迷っていました。

でも大丈夫です!正しい手荒れ対策をすれば、入浴介助をしても手荒れしにくくなります。

あなたもこれからお話しすることを聞いていただければ、入浴介助中の手荒れについて、どんな対策をすれば良いかを知ることができるでしょう。

そうすることで、手がきれいに保てるようになりますよ。

それでは、手荒れ対策と手袋の関係性についてお話ししていきますね。

入浴介助でなぜ手荒れになってしまうの?対策は?

入浴介助をすると手荒れになってしまう原因は、皮脂が取れることにあります。

皮脂には人の肌や手を保護する機能があります。

でも皮脂はすぐ取れてしまうのです。

入浴介助の際に使用するお湯や、体を洗うために使うシャンプーは、皮脂にとっては天敵なのです。

直接お湯やシャンプーが手に触れると、皮脂が取れて、手荒れしやすくなります。

では手荒れしないようにするにはどうすればいいでしょうか?

その方法は、以下の通りです。

  • 手荒れしにくいシャンプーなどを使う
  • ワセリンで保護する
  • お湯やシャンプー、リンスに直接触れないようにする

それぞれについて簡単に説明しますね。

入浴介助の手荒れ対策1:手荒れしにくいシャンプーなどを使う

シャンプーによっては手に優しい成分配合のものもあります。

そういった製品を使うことで、手荒れは軽減できます。

しかし、入浴介助の物品に関しては、利用者様や施設が決めることも多く、自分で決められないこともあるため注意しましょう。

入浴介助の手荒れ対策2:ワセリンで保護する

ワセリンで保護することはお勧めです。

なぜならワセリンは油を含み、水をはじくからです。

入浴介助前にワセリンを塗布しておくことで、入浴介助中に多少なりとも手荒れを防ぐことができます。

ワセリンはドラッグストアでも取り扱っていて、用意しやすく、手軽にできる対策となります。

入浴介助の手荒れ対策3:お湯やシャンプーに直接触れないようにする

お湯やシャンプーに直接触れないのが一番の対策です。

原因に触れなければ手荒れしない、分かっていても難しいですよね。

でも、手袋を使えばどうでしょうか。

入浴介助の手荒れ! 手袋はする?しない?

私は手荒れ対策に手袋をすることをお勧めします。

なぜなら、手袋をすることで、手をお湯やシャンプーから守ることができるからです。

入浴介助をしていると、気を付けていても、手に様々なものがつきやすくなります。

でも手袋をしておくことで、手に何かついても気にせずに介助を続けられます。

また、手荒れの心配もありません。

よって、手袋はしておいたほうが良いでしょう。

ではどのような手袋をつけておいた方が良いのでしょう。

入浴介助の手袋はどんなものを選べばいい?

入浴介助の際に私のお勧めする手袋の種類は「使い捨てロング手袋」です。

使い捨てロング手袋には、以下のようなメリットがあります。

  • 清潔を保てる
  • 水が入りにくく、脱げにくい

それぞれについて説明しますね。

使い捨てロング手袋のメリット1:清潔を保てる

使い捨てロング手袋は清潔状態が保ちやすいのです。

なぜなら、使い捨てなので汚れたりしたら、すぐ新しいものに交換できるからです。

入浴介助時に利用者様の便などで汚れたりしても、交換すれば綺麗な状態で介助できます。

また、利用者様ごとに手袋を交換できるため、感染症などの予防にもなります。

そのため、清潔を保てる点はメリットです。

使い捨てロング手袋のメリット2:水が入りにく脱げにくい

ロング手袋は水が入りにくく脱げにくいのです。

通常の手袋ならば手首までしかなく、水が入ってしまいますよね。

でも、ロング手袋ならば肘まであります。

肘を曲げて介助することも多く、まず水が入ることはありません。

また、袖口がしまっていることも多く、脱げにくい事も多いのです。

ロング手袋を着用することで、水濡れや脱げる心配をしなくてよいことはメリットになります。

ただし、費用が掛かりやすいことと、締め付ける強さが強いことがあり、注意が必要です。

こちらは通販でも購入できます。


「入浴介助の手荒れについて」のさいごに

入浴介助はお湯を扱うために手荒れが起きやすい介助です。

でも、手荒れをしにくくする方法はあります。

しっかり対策して、あなたの手が荒れないように介助してくださいね。

また、利用者様の体にも同等の負担があることを忘れず、気を付けて介助してくださいね。

人気記事ランキング!

-介護, 入浴介助