言葉の意味

慣用句「世話を焼く」の意味は?例文で使い方や言い換えを小学生でもわかりやすく解説

慣用句 世話を焼く 意味

「世話を焼くって言うけど、なぜ”焼く”の?」

 

「世話を焼く」という慣用句を知っていますか?

「世話を焼く」とは、面倒を見るという意味があります。

でも「焼く」という言葉が含まれているのは不思議ですよね。

 

今回は、「世話を焼く」の意味や例文、なぜ「焼く」という言葉が使われているのかを、小学生でも理解できるように、詳しく説明していきます。

 

 

「世話を焼く」の意味や使い方は?間違い例と正しい例は?

 

「世話を焼く」は

  • 面倒を見る、人に尽くす

という意味です。

 

「世話」とは、あれこれと面倒を見ること、もしくは手が掛かって面倒なことを意味する言葉です。

「焼く」の意味には、

  • 物を燃やすという意味
  • 苦労する・苦しい思いをするという意味

があります。

 

苦労している様子を「心を燃やしている」と表したのかもしれませんね。

この「焼く」は他にも「手を焼く」などの慣用句にも使われています。

「手を焼く」は上手くいかなくて困っているという意味です。

 

「世話を焼く」の「焼く」は苦労するという意味で使われているんですね。

「世話を焼かせる」という言い方に変えると、

  • 人に余計な手間をかけさせる
  • やっかいをかける

という意味になります。

意味が変わってしまうので、使い方には注意しましょう。

 

似た言葉に「おせっかいを焼く」という言葉があります。

「おせっかいを焼く」は必要以上に世話を焼いて、逆に迷惑になってしまっている時に使われます。

間違って使わないように気をつけましょう。

 

正しい例文

  • 彼は学級委員として、クラスメートに世話を焼いている。

 

間違った例文

  • 彼女は僕の事を気にしてくれて、あれこれとおせっかいを焼いてくれる。

 

また、「世話を妬く」は間違いです。

「妬く」はうらやましく思う、嫉妬(しっと)するという意味です。

「焼く」とはまるっきり意味が変わってしまいますね。

 

 

「世話を焼く」の類語、対義語は?英語では何ていう?

 

「世話を焼く」の類語は

  • 「手助けをする」
  • 「面倒を見る」
  • 「サポートする」

などがあります。

 

「世話を焼く」の対義語は明確にはありませんが、

  • 面倒を見ない
  • 助けない

という意味を持った言葉を対義語として考えてもいいでしょう。

そのため、

  • 「妨げる(さまたげる)」
  • 「放っておく」

が近いでしょうか。

 

「妨げる」は

  • 邪魔をする
  • 妨害をする

という意味で、

「放っておく」は

  • 放置したままにしておく

という意味です。

 

「世話を焼く」を英語にすると

  • 「take care of ~」
  • 「to meddle」

です。

ただ、「to meddle」は、おせっかいを焼くに近い使われ方をするため、基本的には「take care of ~」を使うのがいいでしょう。

「take care of ~」は良い意味で使われ、「to meddle」は悪い意味で使われます。

 

例文

  • She is taking care of the rabbit(彼女はウサギの世話を焼いている)

 

「焼く」を使っていますが「burn(燃やす)」などは使いません。

「世話を焼く」はあくまで日本独自の使い方ですね。

 

 

「世話を焼く」と「世話をする」の違いは?

 

「世話を焼く」と「世話をする」はどちらも同じです。

面倒を掛けるという意味で「世話を焼かせる」という言い方をしますが、「世話をする」
にはそういう言い回しは無いため、その辺りの使い勝手に違いがあります。

基本的にはどちらを使っても問題ないでしょう。

 

 

さいごに

 

「世話を焼く」とは

  • 面倒を見る
  • 人に尽くす

という意味です。

「焼く」という言葉が含まれていますが、「焼く」には苦労するという意味もあるため、そこから来た慣用句です。

世話を焼くのは、気遣いができて優しい人ですが、やりすぎておせっかいだと思われないように、あなたも気をつけてくださいね。

-言葉の意味