言葉の意味

「ごまんといる(ある)」の意味や由来は?なぜ五万?「掃いて捨てるほど」との違いは?英語や類語、使い方を例文でわかりやすく解説



ごまんとある 意味 由来

「ごまんといる」は、たくさんいるという意味であることは何となく理解できますよね。

でもなぜ「ごまん」なのでしょうか?

また、数字の「五万」と関係はあるのでしょうか?

今回は、「ごまんといる(ある)」の意味や由来などについて、わかりやすく解説していきます。

わかりづらい言葉の意味をまとめました

「ごまんといる(ある)」の意味や由来は?数の漢字はなぜ五万なの?例文で解説

実は、「ごまんといる」という言葉自体は、辞書に載っていないんです。

「ごまんといる」は、ごまんと」と「いる」が合わさった言葉になります。

「ごまんと」は、たくさんあるさま、山ほどという意味になります。

ですので、「ごまんといる」は、

  • たくさんいる
  • 山ほどいる

という意味になります。

例えば、

「ごまんといる」の例文

  • 「あなたと同じようなことを考えている人はごまんといます
  • 「不満を言う人はごまんといるが、改善しようとする人は誰もいない」

などのように、正確な人数は分からないが、とにかく人数が多いことを表したい時に用います。 

一般的には、平仮名「ごまんといる」と表記しますが、漢字で表す場合は、五万といる」と書きます。

この場合の「五万」は、あくまで当て字になるので、実際の人数を表しているわけではありません。

「ごまんと」の由来は、江戸時代に使われていた、数が多いさまを表す、「まんと」に「ご」を付けて、「ごまんと」になったと言われています。

また、非常に数や量が多いことを意味する、「巨万(きょまん)」という言葉の響きが変化して、「ごまん」と読むようになったとも言われています。

ちなみに、「ごまんとある」といった場合は、

  • たくさんある
  • 山ほどある

という意味になります。

「ごまんといる」が、に対して使うのに対し、「ごまんとある」は、次のように使います。

「ごまんとある」の例文

  • 「優秀な作品はごまんとあるから、審査員に注目されるのは至難の業だ」
  • 「私はまだやり残したことがごまんとあります

このように、人以外のものに対して使うという違いがあります。

「ごまんといる」の英語表現、言い換えは?例文で解説

「ごまんといる」を英語表記する場合、一般的に使われるのは、

  • There are millions of ~

になります。

「million」は「100万」という意味になりますが、語尾に「-s」をつけることで、「数100万の」 = 「非常に多くのという意味で使われます。

例えば、

  • 「There are millions of Japanese in the area」

という文章の場合、直訳すると、「その地域には日本人が数百万人いるですが、「その地域には日本人がごまんといるという意味でも使われます。

他にも

  • 「Gazillion(ガジリオン)」

という表現があります。

「Gazillion」には「Million(100万)」「Billion(10億)」といった単位がありません。

つまり、単位がないほど膨大な数、量という意味のスラングとして使われています。

ですので、「私はやることがごまんとあるは、

  • 「I have a gazillion things to do」

と表現することが出来ます。

言い換える場合は、同じように、「たくさんいる」といった意味の、

  •  「星の数ほど」:(同じようなことを考えている人は星の数ほどいます
  •  「わんさと」:(不満を言う人はわんさといる

になります。

また、「必要以上にたくさんいる」といった意味の、

  •  「有り余るほど」:(同じようなことを考えている人は有り余るほどいます
  •  「腐るほど」:(不満を言う人は腐るほどいる

などにも言い換えられます。

「ごまんとある」と「掃いて捨てるほど」の違いは?

「ごまんといる」と同じような意味の言葉に、「掃いて捨てるほど」があります。

意味は、非常に多くて有り余るほどいるとなり、「ごまんといる」とほぼ変わりがありません。

ただし、「掃いて捨てるほど」の由来が、ごみのように、掃き集めて捨てるから来ている事から、

  • 「たくさんいるから大したことない
  • 「たくさんいるから丁重に扱わなくてもいい

のように、「ごまんといる」よりもマイナスなニュアンスが強い、という違いがあります。

さいごに

以上、「ごまんといる(ある)」の意味や由来について解説してきました。

「ごまんといる」は、「たくさんいる」ことを表しますが、正確な数は分からない、少しオーバーな表現として使われます。

そのため、正確な数字が求められる、ビジネスシーンでは不向きになりますので、注意が必要です。

うまく使ってくださいね。

-言葉の意味