言葉の意味

慣用句「板につく」の意味や由来、使い方が簡単にわかる!例文や具体例で小学生でもわかりやすく解説!

慣用句 板につく 意味

「板につくってどういう意味?なぜ板なの?」

 

「板についてきた」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。

何かが出来るようになり、褒めたりするときに使うイメージがありますが、なぜ「板」なのでしょう。

 

ここでは、「板につく」の意味や由来などについて詳しく解説していきます。

これからの季節、使う機会も多いと思うので、この機会に知っておくと便利かもしれませんね。

 

 

「板につく」の意味や語源は?間違い例と正しい例は?

 

「板につく」を辞書で調べてみると、

役者が経験を積んで、演技が舞台によく調和する

経験を積んで、動作や態度が地位・職業などにしっくり合う

とあります。

 

これをわかりやすく解釈すると

例えば、

「A君も学級委員になって半年、最初は頼りなかったけれど、会議の進行や行事の準備などを経験して、今ではすっかりクラスをまとめてリーダーシップを発揮していますね」

という、こういった状況が

「学級委員が板についてきた」

になります。

 

「板につく」の由来は、その意味するところの一つでもある、

役者が経験を積んで、演技が舞台によく調和する

という様子から生まれたと言われています。

 

「板につく」の「板」は

  • 「舞台の床板」

の意味です。

 

「つく」は、「身につく」という言葉もあるように

  • 「ある能力・技術が備わる」

という意味があります。

 

そこから転じて

「舞台の上で能力や技術が備わる」=「経験を積んで、動作や態度が地位・職業などにしっくり合う」

という意味になり、その様な様子を「板につく」と言うようになりました。

 

日常での使い方は、

例文

  • 「あの役者さんは以前と比べ、今の役がだいぶ板についてきた」
  • 「東京に出てきて10年も経つと、標準語も板についてきたね」
  • 「彼の包丁さばきもだいぶ板についてきたので、次は違う料理を任せよう」

 

などのように、目上の人が、自分より下の立場の人を褒めるときに使います。

 

これは「板につく」の由来に関係します。

「板につく」は、元々役者の成長を観客が褒めるという行為から生まれました。

 

そのため、観客目線で役者を評価する言葉になるので、目上の者が目下のものを、褒めたり評価するときに使う言葉になります。

 

したがって上司などに、

  • 「スーツ姿が板についていますね」

のように使うのは間違いになります。

 

 

「板につく」の類語、言い回し、対義語は?英語では何ていう?

 

「板につく」と同じような意味の言葉として「物にする」があります。

「物にする」は

  • 手に入れる、所有物にする

といった意味があります。

 

  • 「ようやく念願だった車をものにした」

のように、物質的なものも表しますが、この場合は

  • 「毎日ラジオを聞いて英会話をものにした」

といった、能力や知識を表します。

 

他には「身につける」も同じような意味になります。

「身につける」も

  • 「彼女はいつもお守りを身につけている」
  • 「お気に入りの洋服を身につけて出かけた」

のように、体につけたり、着たりする意味もありますが、この場合は

  • 「サッカー教室で技術を身につけた」
  • 「大学は専門知識を身につけるところだ」

などのように、知識・学問・技術などを自分のものにするという意味になります。

 

ちなみに、服やアクセサリーなどを付ける場合は

  • 「身に着ける」

知識・学問・技術などを自分のものにする場合は

  • 「身に付ける」

と表記します。

 

「板につく」の対義語として「半人前」があります。

「半人前」とは

  • 技能や経験が不足して、人並みの半分の働きしかできないこと

という意味になります。

 

  • 経験を積んで一人前になる

という意味の「板につく」とは正反対の意味になります。

 

また、「未熟」も「板につく」の対義語と言えます。

 

「未熟」には、果実・作物などがまだ十分に熟していないことという意味のほかに、

  • 学問や技術などの経験、修練がまだ十分でないこと

という意味があります。

 

簡単に言うと

  • 経験不足、勉強不足

と言うことになり、これも「板につく」と反対の意味になります。

 

「板につく」の英訳としては、

  • 「to become accustomed to」

があります。

 

「~になる」という意味の「to become」と

「~に慣れて」という意味の「accustomed to」

を続けてつなげることで、

「~に慣れる」

という意味になり、

  • 「He got accustomed to English」(彼の英語は板についてきた)

のように使います。

 

また、「to get used to」も「板につく」の英訳と言えます。

「get used to~」で「〜に慣れる」の熟語になるので、

  • 「He seems to have got used to driving a car」(彼の車の運転ぶりは板についてきたよう  だ)

のように使います。

 

 

「板につく」と「堂に入る」「様になる」の違いは?

 

「板につく」と同じような意味の言葉に、

  • 「堂に入る」
  • 「様になる」

があります。

 

どちらも、動作などが「身についている」、という意味のイメージがありますが、どういった違いがあるでしょう?

 

「堂に入る」は「どうにいる」と読み、論語の一説の

  • 「堂に升(のぼ)りて室に入らず」

を略した言葉で、

  • 学術、技芸などが優れて深奥をきわめている
  • 技術などが十分身についている

という意味があります。

 

つまり、「堂に入る」は

  • 「学問や仕事を極め、一流の技術を身に付けた人に対し、尊敬を表す時に使う言葉」

になり、

それに対し「板につく」は、

  • 「新入社員だった彼もだいぶスーツ姿が板についてきたようだ」

と使われる様に、
「目上の人が、自分より下の立場の人を褒めるときに使う言葉」

といった違いがあります。

 

では、「様になる」はどうでしょう。

「様になる」は

  • それらしくなる、それっぽくなる、格好がつく

と言う意味で

「状態」「姿形」「格好」

といった、見た目や表面的にそれらしく見えるような場合に用いたりします。

 

つまり、

  • 「経験を積んで、動作や態度が地位・職業などにしっくり合う」

ようになるのが「板につく」になり、

  • 「内面や技術といったことを追求するのではなく、表面的にそれらしく見える」

といった状態を表すのが、「様になる」になります。

 

 

さいごに

 

以上、「板につく」の意味や由来などについて解説してきました。

あなたの部下や子供、教え子といった人の成長に気付いたりしたときは、ぜひ誉め言葉として使ってみて下さいね。

カテゴリ「言葉の意味」での人気記事ランキング!

-言葉の意味