雨の日

雨の次の日に公園で子供が遊ぶのはアリ?砂場や遊具で遊ばなくても楽しめる方法は?

雨の次の日 公園 砂場以外で楽しむ方法

 

「やっと雨が止んだから、明日は子供を公園で遊ばせられるかな?」

「でも雨の次の日に公園で子供を遊ばせるのは、ダメなのかな…」

 

雨が降ると、子供と1日中家の中で遊んで、子供も自分自身もストレスが溜まりますよね。

私も1日中、子供と家の中でいると、ストレスが溜まってしまい、ついつい甘いものに手を出してしまいます…

なので梅雨の時期は、毎年太ってしまい後悔しています。

 

やっと雨が止んで、明日の天気は晴れ予報。

子供と公園に遊びに行きたいですよね。

 

でも雨の次の日は遊具や砂場はまだ乾ききっていないかも。

遊びに行くのにも、少し悩みますよね。

 

私は悩んだ末に、実際に子供と雨の次の日に公園に行きました。

 

そこで今回はその時に学んだ、

  • 雨の翌日でも公園で遊ぶ方法
  • 雨の翌日には公園に持って行った方が良いもの

をまとめました。

 

最後まで読んでいただければ、雨の次の日にストレスなく公園で子供と楽しく遊べますよ!

 

 

雨の翌日に公園で子供を遊ばせるのはアリ?ナシ?メリットとデメリットは?

 

雨の翌日に公園で子供を遊ばせるのは、アリです!

でも、ここで注意するのは遊具や砂場の水の渇き具合です。

 

もし乾ききっていない遊具で遊ぶと、滑って怪我する恐れがあります。

また砂場にまだ水溜りがある場合は、服が汚れてしまいます。

雨の具合によっては、注意しましょうね。

 

 

雨の翌日に公園で子供を遊ばせるメリットは

  1. ストレス解消
  2. 新鮮さを与えることができる

です。

それぞれ詳しく説明します。

 

メリット1:ストレス解消

 

雨の日は1日中家の中にいるので、子供も大人もストレスが溜まります。

大人は、自分の時間を考えて過ごすことができますが、子供にはそれを考えることが難しいです。

ストレスが溜まってしまっていることでしょう。

 

こんな時は外に出ることで、ストレス発散ができます。

私は、録画しておいたドラマを見るので、家で過ごすことも苦ではありません。

でも子供は、退屈そうにしているんですよね。

 

雨が上がり、外に出ることによって、楽しそうにしていました!

 

メリット2:新鮮さを与えることができる

 

いつもは晴れた日にしか公園に行ったことがありません。

なので、雨の翌日の公園は新鮮です。

その時にしか見えない景色を見ることができるので、新鮮さを与えることができます。

 

でも雨の翌日に公園で子供を遊ばせるのには、デメリットもあります。

  1. 怪我をする危険がある
  2. 服を汚してしまう

 

それぞれ詳しく説明します。

 

デメリット1:怪我をする危険がある

 

まだ乾ききっていない遊具で遊ぶと、滑って怪我をする恐れがあります。

私は小さい頃に、雨が止んですぐに滑り台を使ってしまい、頭を打ったことがあります。

軽い脳しんとうで終わりましたが、その時の頭痛や吐き気は今でも覚えています。

自分の子供にはそんな目にあってほしくありません。

しっかり注意しておきましょう。

 

また、鉄棒なんかも滑りやすくなっているので注意が必要です。

このくらいは大丈夫だろう、という考えが命取りです。

興奮している子供は、ちょっと目を離しているうちに遊具を使ってしまうかもしれません。

子供から目を離さないことが大事です。

 

デメリット2:服を汚してしまう

 

砂場や地面には、まだ雨の水が残っています。

子供は、自制がまだ出来ません。

なので服が汚れることなんて全く考えません!

服がドロドロになってしまうので注意してください。

 

そんな時は、着替えを持っておくことをオススメします。

 

 

雨の翌日の公園!砂場や遊具、地面、芝生が乾くのはいつごろ?

 

雨の翌日の公園の地面や遊具が乾くのは、天気や気温にもよります。

梅雨の時期の晴れの日の気温は、梅雨の時期とは思えないほどカラッとしていますよね。

遊具や芝生は、3時間ほどで乾きます。

 

しかし砂場は、砂が水分を吸い込んでいるので、乾くのに時間がかかります。

実際に見に行ってみたところ、1日中晴れていても、まだ完全に乾ききっていませんでした。

 

雨の翌日の公園で、服の汚れが気になるなら、砂場遊びは控えておいた方が良いということです。

 

「泥遊びもできていいんじゃない?」

と一瞬迷いました。

でも、乾いた時に砂場が荒れてしまうので、他の人の迷惑になります。

 

私は雨の翌日の公園では、砂場以外の遊びを子供にさせています。

 

 

雨の翌日の公園!砂場や遊具で遊ばずに楽しむ方法は?

 

雨の翌日の公園で、砂場や遊具で遊ばずに楽しむ方法をご紹介します。

  1. 鬼ごっこ
  2. シャボン玉
  3. 草や花を観察する

それぞれ詳しく説明します。

 

雨の翌日の公園!おすすめの遊び方1:鬼ごっこ

 

鬼ごっこは子供が大好きな遊びですよね。

体一つあればできる遊びなので、準備をする物もありません。

子供に合わせて遊ぶので、体力が必要です。

動きやすい格好で公園に行きましょう!

 

私の子供はまだ小さいので、そんなに体力は必要ありません。

でも幼稚園くらいになると、走るのも早くなります。

そろそろ、私自身も体力をつけておかないと…と考えています。

 

雨の翌日の公園!おすすめの遊び方2:シャボン玉

 

シャボン玉は、男女関係なく大人気です。

100均でも用意できるので、お財布にも優しいですよね。

最近のシャボン玉は、口に付けないタイプのものもあります。

 

子供が喜ぶシャボン玉を探すのも、親としてはワクワクする時間です。

 

雨の翌日の公園!おすすめの遊び方3:草や花を観察する

 

雨の翌日の草や花は、新鮮です。

とても綺麗に見えるので、ぜひ子供と観察してください。

目に映るものが、思い出として記憶されます。

 

大好きな親と一緒に観察した、という素敵な思い出にしてもらいましょう!

図書館で図鑑を借りて行くのも、楽しめますよ!

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

これで雨の翌日の公園で、子供と楽しく遊べそうですよね。

子供だけ楽しむのは簡単ですが、親自身も楽しんでいる姿を見せるのも大切です。

私も子供はとても敏感なので、私自身も楽しめる方法を考えています。

 

雨の翌日の晴れた日には、子供の溜まったストレスを思う存分発散させましょうね!

カテゴリ「雨の日」での人気記事ランキング!

-雨の日