カレーの隠し味にコーヒー!その効果は?

家族で食べる定番料理といえばカレー

 

家族みんなで食べるカレーは

とても美味しいですよね(^^)

 

作る人によって、

具材味付けなどが

変わってくるのも魅力の一つです。

 

野菜をたくさん入れたり、

牛肉豚肉を入れたり・・・

 

カレーはシンプルながらも

奥が深い料理の一つだと思います。

 

そんなカレーの味を

更に美味しくさせることができる、

隠し味をご存知でしょうか。

 

カレーの隠し味といえば、

チョコレートが有名ですね。

 

カレーにチョコレートを入れると

コクがアップするということで知られています。

 

もちろんチョコレートを

入れてもいいのですが、

チョコレート以外にも

隠し味に使える具材はたくさんあります。

 

その中でも特に私がオススメする

隠し味はコーヒーですね!

 

今回はカレーの隠し味に使う

コーヒーについて詳しく

ご紹介したいと思います!

カレーにコーヒーを入れるとどうなる?

カレー 隠し味 コーヒー

チョコレートはカレーのコクを

上げることができると紹介しましたが、

コーヒーはカレーにどんな影響を与えるのでしょうか。

 

コーヒーを隠し味として使うと

以下の3つの効果を得ることができます。

  • コクを引き出す。
  • ほろ苦さを出すことができる。
  • 本格的なカレーの味を引き出す。

 

コーヒーもチョコレートと同じく

カレーのコクを引き出すことができます。

 

チョコレートと違うところは、

なんといっても苦味でしょう。

 

チョコレートを入れると

甘さが加えられマイルドなカレーになりますが、

コーヒーを入れることで

ほろ苦さが加えられ

大人向けのカレーに変化します。

 

チョコレートの甘さが苦手だけど、

カレーに一味足したい!

という時に使えそうですね。

 

苦味やコクを足す以外にも、

隠し味のコーヒーは

スゴイ効果を発揮します。

 

なんとカレーにコーヒーを入れることで、

プロの料理人が作るカレー

同じような風味になるというのですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

普段からカレーにコーヒーを入れてる

プロの料理人の話では、

本格的にブイヨンを取った味にかなり近づく

とのこと。

 

やっぱり普通のカレーと比べると

風味が断然に違うのでしょうね~

 

読んでる内にコーヒーを入れたカレーが

食べたくなってきたのでは

ないでしょうか?

コーヒーを入れたカレーの作り方

さて、気になる

隠し味にコーヒーを入れたカレーの作り方

 

といっても、作り方は超簡単です。

 

まず用意するコーヒーですが、

これにはインスタントコーヒー

使うようにしてください。

 

理由は、ペットボトルコーヒーでは

味があまり引き立たず、

コーヒー豆ではカレーに溶けきれず

食べた時に豆の食感が

出てきてしまうからです。

 

インスタントコーヒーであれば、

風味もよく、カレーに溶けやすいので

隠し味にはピッタリです。

 

種類やメーカーは

どんなものでも構いませんよ~(^O^)/

 

具体的な作り方

  1. いつも通りカレーを作っていき、
    カレーのルーを煮込む所まで作る。
  2. ルーが十分に溶けたら、
    インスタントコーヒーを小さじ1~2入れる。
  3. とろみがつくまでかき混ぜる。

 

これで完成です!

 

インスタントコーヒーは入れ過ぎると

苦味が強くなってしまうので

小さじ1を入れて味見をして、

足りなかったら少しずつ

足していくようにしてくださいね。

 

終わりに

カレーの隠し味に使う

コーヒーの魅力は伝わったでしょうか。

 

ちょっと入れるだけで

カレーの味が激変するので、

その味に舌鼓を打つこと

間違いなしでしょう。

 

普段のカレーに一手間を加えたい!

という人にはぜひ

実践してみてはいかがでしょうか~♪

 

それでは今回はここまでで。

食べ物・グルメ
スポンサーリンク
シェアしていただけるとうれしいです!
フォローしていただければ励みになります!
関連する記事と広告はこちら



役立つ・ためになる知っ得袋!

コメント