バイク

雨の日のバイク通勤は危ない?安全で楽しい時間にするためには?服装やヘルメットなど雨対策を解説!



雨の日 バイク通勤 危ない
なや美

「満員電車の通勤は、もうウンザリ…

バイクで通勤したいけど、雨の日は危ないんじゃない?」

新人ライダーなら、雨の日は危険だと思ってしまいますよね?

すごく分かります。

出来れば、雨の日のバイク通勤は避けたいと思うのは普通でしょう。

でも、しっかりと対策をすれば、雨の日のバイクって意外と楽しかったりしますよ!

対策と言われても、どうすればいいか、なかなか難しいですね。

そこで今回は、雨の日のバイク通勤を安全で楽しくするために、

  • 雨の日のバイク通勤が危険な理由
  • 雨の日のバイク通勤を楽しい時間にするためには
  • 雨の日の服装・ヘルメットはどうする?

これらのトピックをお伝えしていきます。

全て知っておく・揃えておくと、雨の日でも何も怖くなくなりますよ。

それではどうぞ。

バイクを査定したい時は

雨の日のバイク通勤は危ない?危険な理由はコレ!

雨の日のバイク通勤で危険な理由は、路面が濡れていて、滑りやすいことです。

いつもの速度で走行でき、カーブを曲がる事ができた道でも、雨の日は同じ速度では通過できません。

いつも通りに走ってしまうと、タイヤが滑ってしまいます。

ブレーキも同様です。

普段なら止まれているところも、雨の日だと路面が滑りやすいので、どうしても制動距離は出てしまいます。

その分を考慮して走らないと、いざという時に止まれずに事故することも十分あり得ますからね。

また、乗っているライダーのヘルメットにも影響が出ます。

ヘルメットの中は囲われてるので、体温で暖かくなります。

しかし、外は雨で気温は下がってますよね?

しかも、湿度が高いので、内側のシールドが曇ってしまうです。

シールドが曇ってしまうと、前が見えにくくなります。

走行中に息づかいなどで曇ってしまうと、さらに危険です。

そこで曇りを解消しようと、シールドを開けると、今度は外からの雨が目に入って見えにくくなります。

また内側のシールドが線引きしたような後になるので、さらに視界が悪くなります。

以上に挙げた点が、雨の日のバイク通勤の危ない理由なのです。

雨の日のバイク通勤を安全で楽しい時間にするためには?

晴れている日に家を出る時間よりも、早めに出発するようにしましょう。

雨の日は交通状態も悪いです。

全体的にいつもよりも車やバイクの走るペースが遅いです。

いつも出発している時間に出てしまうと、出社時間ギリギリという事もあり得ます。

「急いで行かないと!」という心理状況になってしまい、気持ちにもゆとりが無くなってしまいます。

  • まわりの車のペースは遅い
  • 出社時間も迫ってる
  • 雨のせいで自分の運転もうまく行きづらい

こういった状態だと、普段はしない行動を取ってしまったり、最悪は路面の水を踏んで、転倒事故になりかねません。

ですので、雨の日はいつもより、30分から1時間ほど早く出るようにしましょう。

色んな場合を想定して、早く出ていれば、時間を気にしなくて済みます。

心にも余裕ができ、雨の日のバイク通勤が楽しいものになるのではないでしょうか。

雨の日のバイク通勤!服装やヘルメットはどんなものを選ぶ?

服装はバイク用のレインコートを選ぶと良いですね。

最近だと、高性能でデザインも豊富なレインコートも増えています。

そうそうの雨では中が濡れないので、私はバイク乗る時以外でも使ってたりしますね。

靴は滑りやすいものは避けましょう。

その点、ほとんどのバイク用ライディングシューズは、防水加工がされているので、気にしなくても大丈夫です。

グローブもレイン用のグローブが出ていますので、それを選ぶようにするといいですね。

寒い時に便利なのは、電熱ヒーター内蔵のものです。

またグローブを外さなくてもスマホが操作できるものも便利です。

私はレイン用のグローブは、個人的に握った時の感触が好きではないものが多いですね。

なので、レイン用ではないものをレイン用として使っています。

ただ、やはり中が濡れるので、中の素材がずれたりすることがあります。

その点は注意が必要です。

ヘルメットは、シールドの内側に曇り止めのシートが貼れるものを選ぶといいです。

最近のヘルメットだと、その曇り止めのシートが標準装備なものが多くなってきています。

ですので、新調する際はあまり気にすることはないかもしれません。

雨の日 バイク ヘルメット
参考雨の日のバイク!ヘルメットは何を選べばいい?視界不良の対策は?ホルダーで内側が濡れたら?初心者向けにわかりやすく解説

  「雨の日はヘルメットは何を選べばいいかな?視界が悪くなったり、ホルダーにかけて内側が濡れてしまったらどうしよう!」   雨の日のバイクの運転は、視界の悪さや濡れることなど、心配 ...

続きを見る

さいごに

雨の日のバイク通勤は、晴れの日と交通状況が違うので、危ないと思うことはあります。

しかし、雨の日でもバイクに乗ると、いつも走ってる道がまた違った顔を見せるので、楽しいです。

楽しいと思えるようにするためには、雨の日用に、服装などの装備はしっかりとしておく必要があります。

また、いつもの時間で家を出るのではなく、早めに家を出るというのも、雨の日のバイク通勤を楽しくする秘訣だと思います。

あなたには雨の日もバイクで通勤していただいて、楽しいと思って貰えたら、私も嬉しいです。

-バイク