バイク

雨の日のバイク!ヘルメットは何を選べばいい?視界不良の対策は?ホルダーで内側が濡れたら?初心者向けにわかりやすく解説

雨の日 バイク ヘルメット

 

「雨の日はヘルメットは何を選べばいいかな?視界が悪くなったり、ホルダーにかけて内側が濡れてしまったらどうしよう!」

 

雨の日のバイクの運転は、視界の悪さや濡れることなど、心配する事が多くなりますよね?

やっぱりあなたも濡れたくないし、視界が良い方がいいですよね。

 

分かります。

今回はそんなあなたに

  • 雨の日のヘルメットはどんなものを選ぶ?
  • ヘルメットの視界が悪くなる理由は?
  • 視界不良の対策は?
  • ヘルメットホルダーで濡れないようにするには?

これらをお伝えしていきます。

それではどうぞ。

 

 

雨の日のバイク!初心者はどんなヘルメットを選べばいい?

 

雨の日はジェットヘルメットがおすすめです。

「え?一番安全なフルフェイスじゃないの?」

そうあなたは思われると思います。

 

もちろん頭部や顔を守る性能は間違いなくその通りです。

しかし、ジェットタイプは、

  • 視野が広い
  • シールドが曇りにくい

というメリットがあるんです。

フルフェイスタイプだと、雨の日はシールドが曇りやすいです。

私も雨の日にフルフェイスを被ってバイクに乗ります。

そうするとどうしても走行中曇ってしまうんですよね。

 

なので、いつも少しだけシールドを開けて曇りを予防します。

ですが、そうすると雨が隙間から入ってくるので、ヘルメットの中がどうしても濡れてしまいます。

 

もちろん、ジェットヘルメットでも内部は濡れてしまいます。

しかし、ジェットヘルメットはシールドを開ければ簡単に乾かせるので、雨の日は重宝しています。

 

 

雨の日のバイク!ヘルメットの視界が悪くなるのはなぜ?

 

視界が悪くなる原因は、シールドを閉めていると、外の気温とヘルメットの中の温度に差が出来てしまいます。

そうすると、その温度差で空気中の水分が凝縮し結露が起きます。

その結果シールドの曇りに繋がってしまうわけです。

 

また、雨がシールドに当たることで、表面が汚れて見えにくくなるのも、視界が悪くなる原因でもあります。

 

 

雨の日のバイク!ヘルメットの視界不良の対策は?

 

フルフェイスだと、曇り止め用でピンロックシートが出ています。


それをつけると、雨の日のシールドの曇りが改善されて走行しやすくなります。

 

また、今のヘルメットメーカーのは殆どが標準装備で付いています。

ですので、ピンロックシートが標準装備のヘルメットを探さないと!となるかもしれませんね。

でも、そんなに焦らなくてもいいですよ。

 

ただ、このピンロックシートは消耗品で、ある一定期間使用すると劣化して隙間が出来てきます。

そうなると、曇り止めの効果がなくなってくるので、定期的に交換が必要になりますね。

 

また、雨の水滴がシールドについて見えにくい事もあると思います。

その場合は、シールド用の撥水スプレーをシールドに塗布することで、それも解消できるでしょう。

 

 

雨の日のバイク!ヘルメットホルダーで濡れないようにするには?

 

ヘルメットホルダーにヘルメットをかける前に、ヘルメットにカバーをかけると良いでしょう。

 

 

そうすることで、ヘルメットが濡れないようにできます。

カバーがかけられない、持ち合わせていなくても大丈夫です。

 

できる限り、頭を入れる部分を下に向けましょう。

そして、シールドやベンチレーションはしっかりと閉めるようにしましょう。

 

 

さいごに

 

雨の日のバイクは、どうしても多少なり濡れてしまいます。

ですが、シーンに合わせてヘルメットをチョイスすることで、その後のお手入れの負担が軽くなります。

 

また、走行中も曇りや視野の狭さを気にせず、バイクにも乗ることもできてしまいます。

ですので、絶対にフルフェイスでないとダメではなく、臨機応変に装備を変えることも必要です。

 

私もよくフルフェイスが一番と思っていた時期がありました。

何かあった時一番信頼がおけるからです。

しかし、そんなヘルメットでもデメリットはありますし、快適にバイクに乗れるように、ヘルメットも種類があります。

なので、これでないとダメ!ではなく、いろいろ試してみるのも良いかもしれませんよ!

カテゴリ「バイク」での人気記事ランキング!

-バイク