中学生

好きな人への話しかけ方!中学生必須の2つの心構えとは?

ドキドキ!ドキドキ!
あぁ~今、目の前を好きな人が通り過ぎていくー!
あ~あ、今日もなにも話せなかった・・・うぅっ(;_;)

 

友達なら話しかけられるのに、好きな人になると話しかけづらい

また小学生の時は、好きな人とあんなに仲良くしてたのに、中学生になるとまったく話さなくなった。

 

こういったことは、あなただけではなく、みんな少なからず経験することです。

中学生になれば、男子女子も、急に異性を意識しはじめるからですね。

 

でもこのままだと、好きな人と両思いになれないばかりか、存在すら認めてもらえません。
それは嫌ですよね?絶対に仲良くなりたいですよね!

 

話しかける第一歩を踏み出したい!

 

そんなあなたへ今回は、話しかけづらい原因と、それを打ち破るための2つの心構えをお届けします。

 

最後まで読んでいただければ、スッと気が楽になって、「明日勇気を出して話しかけてみよう!」という気持ちになりますよ。

 

それでは参りましょう。

 

あなたはなぜ話しかけづらいのか?話しかけられるようになる2つの心構え

 

あなたが誰かに向かって話しかけづらいのは、「決してあなたのせいではない」ということを、まずは知っておきましょう。

 

なぜなら人間は、もともとそういう風に作られているからです。

 

どういうことかというと、人間は本来、「変化を嫌がる生き物」なんです。

 

あなたは、誰かに話しかけたいと思っていますよね?

これはあなたが「こうしたい」「ああしたい」意識的に考えていることです。

しかし一方で、無意識「嫌がられたらどうしよう?」と感じているんですね。

 

これはあなたの心の中で、2つの相反する考えが足を引っ張り合っている状態なんです。

 

人間はこんな状態になると、どうなると思いますか?

先ほど「人間は変化を嫌がる」と言いましたよね。

 

そうなんです。

 

こんな時人間は現状維持、つまり「嫌がられたらどうしよう」⇒「話さない」という行動を選択するんです。

 

人間のこの現状維持しようとする作用を、一般に「心のブレーキ」と言います。

 

心のブレーキがかかっている状態を自転車に例えると・・・

  • 新しいチャレンジをしようとするあなた⇒ペダルを踏み込む
  • 現状維持しようとするあなた⇒ブレーキを握る

と置き換えて、
あなたの心の中は、「自転車のブレーキをギュッと握りながら、同時にペダルを踏み込もうとしている状態」なんですね。

これだと前に進みにくいのは当然です。

 

「もしブレーキがかかってなかったら、簡単に前に進むのになぁ」と思いますよね?

 

では、心のブレーキはどうやって外せばいいのでしょうか?

 

その方法とは次の2つです。

  • 変化に気付かせない
  • 未来のデメリットを想像する

 

では、それぞれの方法を詳しく見ていきましょう!

 

 

変化に気付かせない

 

先ほど、心のブレーキは無意識のうちにかかっていると言いましたね。

これは現状を維持しようとする脳の働きなので、止めようがありません。

であるならば、どうすればいいのか?

 

脳に気付かれないように、少しずつ変化すればいいと思いませんか?

あなたの脳をだますと言えば言葉が悪いかもしれません。

 

脳に変化だと気付かれないくらい、あなたにとって簡単にできることに分解すればいいんです。

 

例えば話しかけ方を身につける」が目標なら・・・

  • 好きな人に近づく
  • 挨拶だけする
  • 目があった時笑顔になる

このように、あなたがすぐにできることを考えてみましょう!

 

これだとあなた自身が簡単にできることだと思っているので、無意識で心のブレーキがかかりにくいです。

 

このステップを繰り返していくうちに、だんだん自信もついてきて、目標である「話しかけ方を身につける」ことができるようになってきますよ。

 

 

未来のデメリットを想像して目標にする

 

心のブレーキのように、「意識の範囲外であなたの行動を妨げているものがある」ことがわかりました。

あなたが次の行動を無意識に判断していると思うと、不思議な気分になってきませんか?

 

ではこの無意識で、あなたの行動はどう選択されているのでしょうか?

その選択を決定づけるキーワードが・・・

  • 現在⇔未来
  • メリット(成功・快楽)⇔デメリット(失敗・苦痛)

 

なんです。

 

あなたの行動は、無意識のうちに、このキーワードにもとづいて選択されているんですよ。

 

人間は、自分の行動を選択する時、「未来」よりも「現在」「メリット」よりも「デメリットを避ける」方を優先します。

 

つまり行動の優先順位は・・・

  1. 現在のデメリットを避ける
  2. 現在のメリット
  3. 未来のデメリットを避ける
  4. 未来のメリット

 

なんです。

 

この優先順位を、例えば「話しかけること」について当てはめてみましょう。

 

あなたが好きな人に話しかけようとする時も、こんな選択肢の中から行動を選びます。

  1. 無視される、もしくは嫌がられるのが怖いので話さない
  2. 好きな人がニコッと応じてくれるかもしれないので話す
  3. 今話しかけないと後悔するのが嫌なので話す
  4. どんな人にも話しかけられる自分になるために話す

理想は当然4なんだけど、あなたが1を選ぶのは、当然のことなんです。

つまり目先(話しかける)苦痛(嫌がられる)を避けたいからです。

 

では話しかけられるようになるには、どう考えれば良いのでしょうか?

 

私はこんな時、3の「未来のデメリットを避ける」を選択するようにしています。

 

2も3も4も、ゴールは「話す」なので、あなたは「2でいいじゃん!」と思うかもしれません。

でも話しかけることが元々苦手なあなたにとって、2はすぐにできることではありませんよね?

話しかけ方のようなスキルは、毎日ちょっとずつ練習して、だんだんできるようになります。

 

ここで2の「好きな人がニコッと応じてくれるかもしれないので話す」を目標に選んでしまうと、その日はできるかもしれないけど、次の日には1が勝ってしまって長続きしないことが多いです。

 

一方、3の「今話しかけないと後悔するのが嫌なので話す」だと、未来の孤独な自分を想像すると怖くなるので、毎日の練習しようとする思いが長続きしやすいんですね。

 

ですからあなたも、いつまでも「話しかけられない自分」のままでいることを、もっと恐れるようにしましょう。

 

私も「未来のデメリット」を恐れるようになってから、不思議と1の「目先のデメリット」が怖くなくなってきました。

なぜなら、話しかけられない未来の自分から脱け出すには、今話しかけること以外に方法がないからです。

 

そうすると、「今話しかけてたとえ嫌がられても、そこには必ず理由がある」と思えるようになりました。

大抵は嫌がられることはないんですけどね。

 

でも少なくとも、嫌がられる理由が分かれば、自分に改善の余地がないか?と考えることにつながります。

その結果、将来誰とでも話せるようになっていきます。

 

つまり「嫌がられることは失敗ではなくて、自分を成長させるための経験なんだ」と思うようにしましょう!

 

好きな人への話しかけ方

 

 

さいごに

 

あなたが好きな人に話しかけづらいのは、あなたのせいじゃないということがわかっていただけましたか?

このことに気付くだけで、あなたはかなり成長できますよ。

もし自信が湧いてきたなら、すぐにでもできることから挑戦してみてくださいね。

参考記事⇒ 「当たって砕けろ」の恋愛における意味とは?片思い中の中学生は告白すべき?

 

ちなみに、好きな人と会話できるところまで行った時、続かなくて困ったら、こちらの記事も参考にしてください。

参考記事⇒ 会話が続かない中学生必見!ネタを広げるとっておきの方法とは?

 

あなたが勇気ある一歩を踏み出せて、実際に恋に進展があったら、ぜひ教えてください。

心から応援しています!

-中学生