猫の寿命はどのくらい?平均は意外と高い!?

 

身近にいるだけで、
日々の疲れやストレスを
一気に吹き飛ばしてくれる

 

どんなに仕事や
勉強で疲れていても、
家に猫がいるだけで
不思議と癒されますよね。

 

 

ですが、そんなあなたを
癒してくれる猫も、
いつかは別れの時
訪れるもの。

 

その時の事はあまり
考えたくはありませんが、
いつかは来るものだと
覚悟しておかないと
いけませんよね(;_;)

 

 

とはいえ、猫って
どのくらい生きることが
できるのかあなたは
知っていますか?

 

意外と猫の寿命を
知らないのでは
ないでしょうか。

 

 

今回は、
大の猫好きである管理人が、
猫の平均寿命について
解説していきます!

 

 

猫は家の中で飼おう!

 

猫の寿命は室内飼いの場合
放し飼いの場合とでは
大きく変わってきます。

 

それぞれの平均寿命はこちら。

 

  • 室内飼い・・・14~16歳
  • 放し飼い・・・4~5歳

 

このように猫は、
飼い方で大きく平均寿命が
変わってきます。

 

何故、放し飼いだとここまで
平均寿命が下がるのでしょうか?

 

 

これは以下の事が、
放し飼いだと起こってしまう
可能性があるからなんです。

 

  • 他の猫と喧嘩して怪我をする。
  • 交通事故に遭ってしまう。
  • 病気にかかりやすい。

 

この原因を見ても分かるように、
放し飼いは非常に危険が多く
猫があまり長く生きることが
できなくなってしまうのです。

 

猫を外に出して
自由にさせたかったら
仕方ありませんが、
長く生きさせてあげたいのなら
室内飼いにする事を
オススメします。

 

 

室内飼いの場合は、
上の項目にもあるように
15歳前後が平均的な
寿命となります。

 

猫は年の取り方が
人間と比べるとすごく早く、
7~8歳で人間でいう
オジサンになります。

 

猫の年齢の数え方は、
こちらの記事を参考に
してみてください!↓

猫の年齢!人間に換算するとビックリ!?

スポンサーリンク

 

猫の寿命を延ばすには?

 

とはいえ、最近の猫は
15歳以上生きることも
稀ではありません。

 

猫の寿命は、
本来持ってるその子の

  • 体質
  • 生活環境
  • 食事内容

などによって
大きく変わります。

 

 

今ではキャットフード
栄養素が高いものが多いので、
それが猫の寿命を延ばしている
理由にもなっていますね。

 

ちなみに、
キャットフードが普及する
以前の猫の寿命は、
家猫であっても7~8歳
だったのです(°д°)

 

 

キャットフード以外にも、
獣医学も昔よりどんどん
進歩しており、
これからの発展にも
期待することもできます。

 

猫の深刻な病気も、
将来はあっさり治すことが
できるようになっているかも
しれませんね!

 

 

こうなると、これから先は
どんどん高齢化
猫が増えていき、
猫の平均寿命が
長くなっていく
可能性もあるのです。

 

今の環境は、
猫にとってはかなり
恵まれているのです!

 

猫の寿命はどのくらい?平均は意外と高い!?

 

ギネスに乗った
猫の最年長がスゴイ!

 

ギネスブックに載っている、
世界で1番長く生きた猫の
年齢はなんと34歳

 

しかも2匹もいたのです!

 

家猫の寿命が平均で15歳前後、
長くて20歳と考えると、
34歳というのはかなり
スゴイですよね(笑)

 

 

ここまで生きる事は
そう滅多にありませんが、
この年まで生きる事が
できるというのは、
私の猫ももしかしたら・・・!
と希望を持つことが
できますね。

 

まとめ

 

猫の寿命については
お分かり頂けましたか?

 

最後にまとめると、

 

  • 猫の平均寿命は
    室内飼いで14~16歳、
    放し飼いで4~5歳
  • 猫を長生きさせるには
    室内飼いは必須!
  • 猫の寿命を延ばすには、
    生活環境を整える
  • ギネスに乗っている
    猫の最長年齢は34歳!

 

という風になります。

 

これを参考にして、
自分の猫がその年齢になるまで、
大事に育ててあげてくださいね♪

 

ペット
スポンサーリンク
シェアしていただけるとうれしいです!
フォローしていただければ励みになります!
関連する記事と広告はこちら



役立つ・ためになる知っ得袋!

コメント