役立つ・ためになる知っ得袋!

日々の生活で役に立つ知恵をご紹介!

押印と捺印の違いは?意味は一緒?

      2015/08/31


押印」と「捺印」。

 

 

この2つの言葉は、どちらも
はんこを押す」という行為を表す言葉ですね。

 

 

 

両方の漢字を合わせて「押捺」という言葉もあるくらい、
全く同じ意味を持っており、
使い分けられることも少ない言葉ですよね。

 

 

あなたは、「押印」と「捺印」は本当に違いは無いの?
という疑問を持ったことがないでしょうか。

 

 

 

今回は、「押印」と「捺印」の
違い使い分けについて徹底解説していきます!

 

SPONSORED LINK

 

「押印」と「捺印」の正しい意味

 

押印」と「捺印」の違いを知るために、
まずは漢字辞書にて、
この2つの正しい意味を調べてみました。

 

「押印」

 

  • 印を押すこと。

 

「捺印」

 

  • 印判をおすこと。

 

 

この2つは正しい意味を調べてみても、
ほとんど同じ意味で違いが分かりませんね・・・

 

 

 

ちなみに「押」と「捺」の漢字の意味も調べてみると、

 

「押」

 

  • 印をおす。署名する。
  • とりおさえる。

 

「捺」

 

  • 手で押しつける。

 

と、漢字の方もどちらも同じような意味でした。

 

 

 

「押印」と「捺印」は、
本当に明確な違いが無いのでしょうか?

 

SPONSORED LINK

「押印」と「捺印」の違いとは?

 

「押印」と「捺印」の違いを知るために、
今回は実際の契約などで使用することがある、
知り合いの会計士の人に、この2つの違いを聞いてみました!

 

 

この2つの違いについて聞いた結果、結論としては、
少なくとも現行の日本の商習慣においては、
言葉の意味として有意な違いを見つけることができない
という返答でしたΣ(゚Д゚)

 

 

詳しく聞いてみると、「押印」と「捺印」は
法的に見てもこれといった違いはなく
現代の日本の商習慣上、言葉としても
どちらを使用しても問題はないとのこと。

 

 

 

ただ、その会計士さんによれば、
ある所では「押印」と「捺印」の使い分けを
している所もあるとのこと。

 

 

この場合は、署名という行為が並行してあるものに「捺印」
記名した場合や印鑑のみを
押すだけの行為に対しては「押印」と、
使い分けるようです。

 

 

とはいえ、これは一部で用いられている使い分けなので、
基本的にはどちらを使っても問題はありません。

 

まとめ

 

押印と捺印の違いは?意味は一緒?

 

「押印」と「捺印」の、
使い分けについてはお分かり頂けましたか?

 

 

この2つには明確な違いが無いため、
どちらを使っても大丈夫というのは
予想外だったかと思います。

 

 

この記事が、少しでもお役に立てれば幸いです。

 

SPONSORED LINK


 - 言葉の違い

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

赤ワインの白ワインの2つの違いとは!?飲みやすさはどっちがいい?
赤ワインの白ワインの2つの違いとは!?飲みやすさはどっちがいい?

「赤ワイン」と「白ワイン」。     あなたもワインを飲んだ …

「荒い」と「粗い」の違いとは?

「荒い」と「粗い」。   この2つはどちらも「あらい」と 読むことがで …

辞典と事典の違いとは?どっちが正しい?

「辞典」と「事典」。     この2つは、どちらも「じてん」 …

鷹と鷲の違いとは?大きさが関係してる?
鷹と鷲の違いとは?大きさが関係!?

「鷹」と「鷲」。     この2種類の鳥は、どちらも姿が と …

「龍」と「竜」の違いとは?

  「竜」と「龍」。   この2つは、どちらも 「りゅう」と …

美しい羽、綺麗な羽根
「羽」と「羽根」の違いとは?独自に調査してみました!

  「羽」と「羽根」。 この2つはどちらも 「はね」と読むことのできる …

「准教授」と「助教授」の違いとは?

『准教授』と『助教授』。   この2つは、大学にある有名な役職です。 …

「皮」と「革」の違いってなに?

『皮』と『革』。   この2つの漢字は、 どちらも「かわ」と読むことが …

赤味噌と白味噌の違いとは?どっちが味噌汁に合うの?
赤味噌と白味噌の違いとは?どっちが味噌汁に合うの?

  日本の伝統的な料理 といえば味噌汁!   決してメインに …

私立と公立、高校の3つの違いとは?
私立と公立、高校の3つの違いとは?

  子供が中学生3年生になると、 どうしても考えなくては いけないのが …