役立つ・ためになる知っ得袋!

日々の生活で役に立つ知恵をご紹介!

「了解」と「承知」の違いとは?

      2015/03/07


了解しました」と「承知しました」。

 

あなたも仕事をしていれば、
この2つの文章を1度でも使ったことがあるはず。

 

 

どちらも同じような使い方をする文章ですが、
あなたはこの2つの違いをしっかりと把握していますか?

 

 

確かにこの2つ、似たような意味を持っていますが、
実は使い方は全く異なっているのです!

 

もし間違った使い方をしてしまうと、
相手にとって失礼なことになってしまうかもしれません!

 

 

 

今回は、「了解しました」と「承知しました」の、
違い使い分けについて解説していきます!

SPONSORED LINK

「了解しました」の正しい使い方とは?

 

「了解しました」と「承知しました」の違いとは?

 

漢字辞書に載ってる「了解」の正しい意味

  • 物事の内容や事情を理解して承認すること。了承。
  • さとること。会得すること。また、理解して認めること。

 

このように漢字辞書で調べると、
理解することを「了解」と呼ぶのが使い方です。

 

例えば、相手が「自分に対して何かを依頼してきた時、
そのことをしっかりと理解できた」時に
了解しました」を使うのが正しいということです。

 

 

しかし、「相手の言ってることが理解できなくて
認めることができない時」は
了解できない」となるのです。

 

 

軍隊警察などの場所では、
了解!」と大きな声でいう
イメージがありますよね(^^♪

 

 

相手の話を理解できた時には、
了解」を使うようにしましょう。

 

「承知しました」の正しい使い方

SPONSORED LINK

漢字辞書に載ってる「承知」の正しい意味

 

  • 事情などを知ること。また、知っていること。
  • 依頼・要求などを聞き入れること。
  • 相手の事情などを理解して許すこと。

 

やっぱり似たような使い方をするだけあって、
承知」と「了解」は似たような
意味を持ってますね!

 

 

「承知」が「了解」と違うところは、
単に知っているだけでも使うことができる」ことです。

 

例えば、相手の言い分は分かったものの、
自分はそれを受け入れたくない場合でも
承知しました」は使うことできるのです。

 

 

「了解」はこういう時、「了解できない」という形になるのですが、
「承知」はそのまま使っても大丈夫ということですね。

 

 

ご意見は承知しました」という文章は、
相手の言い分を認めたかどうかを
はっきりさせない、便利な表現となるのです。

 

便利と言えば便利なのですが、
往々にして相手に誤解を与え、
トラブルの元になることもあります。

 

受け入れらない時に「承知した」を使ってしまうと、
あのとき”承知した”と言ったじゃないか!(# ゚Д゚)
と怒られちゃうこともあるのです・・・

 

ビジネスではどちらを使うのが正しい?

 

了解しました」と「承知する」の、
正しい使い方について解説しましたが、
では一体ビジネスでは
どちらを使うのが正しいとされているのでしょうか?

 

 

 

その答えは、「承知しました」を使うのが、
ビジネスでは正しいのです!

 

 

実は「了解しました」は、
目上の人に対して使うと、
大変失礼にあたる文章となるのです。

 

「了解しました」は、本来「上位の権限をもつ者が許可を与える
という意味があるため、目上の人に対して使うのは
不向きというのが、ビジネスの場ではマナーとされています。

 

 

なので、目上の人に対しては「承知しました」を、
身内や仲間などには「了解しました」を
使うように分けていきましょう!

 

まとめ

 

了解しました」と「承知しました」の違いは、
お分かりいただけましたか?

 

この2つは似たような意味合いを持っていますが、
目上の人に対しては気をつけて
使い分けるようにしていきたいですね。

 

 

正しい日本語を学んで、
仕事で失敗しないように気をつけましょう!

SPONSORED LINK


 - 言葉の違い




Comment

  1. ジャイアン より:

    何となく分かっていたつもりですが、よくよく調べてみるとなるほどなと、驚きが有りますね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「対応」と「応対」の違いとは?

  「応対」と「対応」。 この2つは、「応」と「対」の漢字を使った熟語 …

「探す」と「捜す」の違いとは?

「探す」と「捜す」。   この2つは、どちらも「さがす」と 読むことが …

「関わる」と「係わる」の違いとは?

  「関わる」と「係わる」。   この2つの言葉は、 どちら …

「生かす」と「活かす」の違いとは?
「生かす」と「活かす」の違いとは?

  「生かす」と「活かす」。   この2つの漢字は どちらも …

no image
「昨年」と「去年」の違いとは?

「去年」と「昨年」。 この2つは、どちらも今年の前の年の事を指す言葉です。 会話 …

「荒い」と「粗い」の違いとは?

「荒い」と「粗い」。   この2つはどちらも「あらい」と 読むことがで …

「特徴」と「特長」の違いとは?

『特徴』と『特長』。   この2つの言葉は、どちらも 「とくちょう」と …

すみませんと謝罪している人たち
「すみません」と「すいません」の違いとは?

  「遅れてしまってすみません!」 「遅れてしまってすいません!」 一 …

「戦う」と「闘う」の違いとは?

「戦う」と「闘う」。   この2つはどちらも 「たたかう」と読むことが …

「十分」と「充分」の違いとは?

『充分』と『十分」。 この2つは、どちらも「じゅうぶん」と』読むことができる熟語 …