役立つ・ためになる知っ得袋!

日々の生活で役に立つ知恵をご紹介!

霰(あられ)と雹(ひょう)と霙(みぞれ)の違いはなに?

      2015/10/31


冬の季節になると気温が寒くなり、

外出するのも大変ですよね(T_T)

 

冬になると霰(あられ)が降ってくる地域もありますよね。

 

これ以外にも、雹(ひょう)霙(みぞれ)なども。

 

そういえば、あられやひょうやみぞれって

どれがどれか分からなくなることありせんか?

 

どっちも一緒のような感じなので、

違いが分かりにくいですよね~

 

なので今回は、

あられとひょうの違い

について紹介していきたいと思います。

SPONSORED LINK

霰(あられ)はどんなもの?

あられとは「水蒸気が氷の粒になって降ってくるもの」。

 

主に直径が5ミリ以下のものをあられと言います。

 

雪とひょうの中間の状態のものなので

溶けるのも早く、当たってもそこまで痛くありません。

 

霰が降ってる様子がこちら↓

雹(ひょう)はどんなもの?

ひょうとは「夏の雷雨に伴って降る氷の粒もしくは塊」。

 

直径約5~50ミリメートルのものを主にひょうと言います。

 

ひょうはあられと違い、氷が固まった粒なので

当たると痛く、なかなか溶けないのが特徴です。

 

まれに、雪玉のようなひょうが降ることもあり

車の屋根にくぼみができてしまうことも・・・

 

さらには、農作物や家畜にまで被害を与えることがあるんだとか。

 

昔はひょうも含めてあられと呼んでいたそうですが、

ひょうの方がかなり危険ですね(^_^; )

雹

あられとひょうとはまた違う霙(みぞれ)って何?

あられとひょう以外にも、雪の粒の種類には

霙(みぞれ)もあります。

 

みぞれは、「雪が溶けかけて雨まじりに降るもの」。

 

前の2つよりは液体っぽく、

触るとベシャベシャしてるのが特徴です。

 

雪が溶けかけているものなので、

地面に落ちるとすぐに溶けてしまうのも特徴ですね。

 

気象観測の分類上は雪と同じ扱いで記録されるので、

雪より先に霙が初めて降ったときは、

それがその年の初雪になるんですよ。

霙

これらの見分け方は?

これらを見分ける方法はいくつかありますが、

一番分かりやすいのは、粒の硬さですね。

 

  • 水のような雪のようなものは霙(みぞれ)
  • 小さく硬い氷の粒で当たると痛いのは雹(ひょう)
  • その2つの中間地点の硬さのものが霰(あられ)

こんなかんじに分けることができます。

 

他では、大きさでも判別することができますね。

 

かなり大きめのものは雹(ひょう)、

小さめのものは霰(あられ)と、

こちらも分かりやすい判別方法ですね(^O^)/

霰

最後に一言

寒い時期になると降ってくることがある霰(あられ)や雹(ひょう)。

 

どっちともガラスが割れたり怪我したりすることもあるので

ほんとうに怖いですよねー(*_*)

 

天気予報などを見て対策しとかないと危険ですね!

 

SPONSORED LINK


 -




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
雪が車の上に!?傷つかないようにする秘伝のワザを紹介!

  「車に雪が積もってる~!(;▽;)」     …

no image
大人ができる雪遊び!ホンキで楽しみたいならコレをやれ!

  毎年この時期になると、 雪が積もる事が ありますよね! &nbsp …

no image
雪の結晶の種類!あの美しい形には理由があった!?

  雪の結晶ってキレイで とても美しいですよね~ヽ(´▽`)/ &nb …

no image
雪と雨の違いとは?キーポイントは雲!?

  冬の時期になると、 空からしんしんと 降り出してくる雪。 &nbs …

no image
3月のスキー場はココがオススメ!雪が溶けない2つの理由とは?

  冬の定番スポーツ といえばスキー!   真っ白な雪山を …

雪の特集記事
雪に関する記事まとめ!遊び方や対策法を特集!

  寒~い日が続くこの冬の時期。   この時期になると、 朝 …